浦安景観まちづくり賞 10月末まで募集

浦安景観まちづくり賞 10月末まで募集

 魅力ある浦安市内の景観やまちづくりに取り組む個人、団体、事業者を顕彰する「浦安景観まちづくり賞」の29年度の募集が始まった。

 住みやすく誇りあるまちづくりに取り組む「うらやす景観まちづくりフォーラム」(小林裕代表)と市が実行委員会をつくり主催。昨年秋に創設した。
 周囲の景観によく調和した公園や街路、住宅、店舗、モニュメントなどの景観づくりに貢献した事業者、設計者などを表彰する「まちなみ部門」と、自らまちづくりに創意工夫している個人・団体を表彰する「活動部門」がある。

 初回のまちなみ部門は、入船北エステート、リーガルコーポレーション本社(日の出)。
 活動部門は、浦安三番瀬クリーンアップ大作戦(三番瀬を大切にする会、自然まるごと探検隊、水辺の会)、公園ボランティア「ふれあいの森公園を育む会」。特別賞に、うららかマルシェが選ばれた。

 表彰式は毎年6月。自薦他薦は問わない。応募用紙は市都市計画課、詳細はホームページ「うら景まち広場」参照。


関連記事

 

アーカイブ

ページ上部へ戻る