浦安フェスティバル 2017 今年も青森ねぶたなど登場

 日本各地のお祭りや伝統芸能、グルメ、物産市などが楽しめる「浦安フェスティバル2017 ―未来への絆―」が、9月16、17の土日、総合公園をメイン会場に、シンボルロードなどで開催される。

青森ねぶた

青森ねぶたが祭りを盛り上げた(昨年の様子)

 うらやす観光推進協議会が市などと実行委員会をつくり、2010年から主催している。
 メイン会場では2日間、特設ステージが設けられ、市民団体やフェスティバル参加団体がそれぞれのパフォーマンスを披露。周辺ホテルの屋台やB級グルメ、参加各地の観光物産品などを集めたグルメエリアが開設される。
 イトーヨーカドー食品館新浦安店周辺から総合公園までのシンボルロードがパレードエリア。
17日のみの開催で、午後、公募参加の稚児行列、小学生による、よさこいソーラン「舞だ!浦安舞」の踊り、高校吹奏楽部の演奏パレードなど多くの催しが組まれている。
 夕方からは、青森ねぶた、秋田竿燈、盛岡さんさ、さいたま竜神、博多どんたく、長崎くんちなど日本を代表する祭り、踊り、パレードが予定されている。
 実行委では約5時間にわたって交通規制が続くため、当日、東京メトロ浦安、京葉線新浦安の両駅から無料のシャトルバスを運行する。
    ◇

ミス・ユニバース代表 阿部さん パレードに参加

 ミス・ユニバース日本代表の阿部桃子さんが17日のパレードに参加する予定。


関連記事

 

アーカイブ

ページ上部へ戻る