いかだでG O! 20日に三番瀬、親子がペットボトル製で挑戦

三番瀬 日の出 海岸

 夏休み真っ盛りだが、8月20日に三番瀬日の出海岸(写真)で、親子がペットボトル製のいかだを浮かべる挑戦イベントがある。浦安青年会議所(浦安JC)が企画し、パソコンや携帯型ゲーム機で室内遊びやひとり遊びになりがちな “現代っ子” たちが、夏休みに自然と触れ合い、思い出をつくってもらうのが狙い。

 参加申込はすでに締め切っているが、午前9時~午後2時のイベントは見学自由という。
 このイベントに参加するのは、応募した市内の小学4年~6年生と、その保護者30組60人。同19日に旧入船北小体育館で、「浦安水辺の会」メンバーが講演する三番瀬の歴史や生態系を学ぶ。
 このあと、親子で50本のペットボトルを使っていかだ作りに挑戦。20日はそのいかだを三番瀬に運んで、干潮時にペットボトル製のいかだで出航。親子に渡したインスタントカメラで、親子の笑顔を納めてもらう。荒天時は美浜北小プールでいかだレースを開催。
 9月8日には市民プラザ101で、思い出報告会が開かれる。


関連記事

 

アーカイブ

ページ上部へ戻る