三枚堂達也五段が表敬

三枚堂達也五段が表敬

 浦安市出身の棋士・三枚堂達也五段 が8月8日、内田市長を表敬訪問する。

 三枚堂五段はプロ入り15年以下、五段以下の棋士、アマチュア選抜1人で行われた「第2回上州YAMADAチャレンジ杯」で、いま話題の大型新人・藤井聡太四段を破って準決勝に進んだ。
 三枚堂五段は、年に数回、市公民館で活動する将棋同好会で市民に手ほどきしたり、公民館主催の市民親睦将棋大会にゲスト参加したりして、将棋の普及に尽力している。


関連記事

 

アーカイブ

ページ上部へ戻る