浦安市議会議員 毎田潤子 夢をかたちに 市内公共施設駐車場の正しいあり方とは

市内公共施設駐車場の
正しいあり方とは

毎田潤子 議員

毎田潤子 議員

毎田潤子 議員

 こんにちは、毎田潤子です。新市長になり初めての定例会である、平成二十九年度第二回定例会が去る六月三十日に閉会し、全ての議案が可決されました。それにより、いよいよ新庁舎のすぐ横にて駐車場棟建設工事がスタートします。
 今現在ですと車で市役所に来庁した場合、総合駐車場に駐車する場合が殆どかと思いますので、庁舎まで距離があり不便な思いをしていた方も多いのではないでしょうか。この新しく建設される庁舎駐車場棟は地上4階建て、屋上部分も合わせると5段の立体駐車場で、従来よりも約50台多い220台の車を停めることができ、自転車・バイク専用の駐輪場も駐車場横にそれぞれ設置されます。
 そして、他の市内公共施設駐車場についても市民の方々から様々な意見や要望をいただいています。その中でも特に舞浜運動公園の駐車場は、市外からの目的外利用者が多く、本来のスポーツ目的で運動公園に来ている市民が車を停めたくても停められない、という事態が発生しています。これは無料で尚且つ誰でも停められてしまう手軽さ故に起因しているのでしょう。
 今回市役所庁舎横にできる駐車場棟についても、システムを徹底しなければ同様の事が起こる可能性があります。一般車両入り口部分にゲートを設置するのであればきちんと駐車券方式にして、訪問先の市役所担当課でハンコを貰えば無料になる、というように「目的外利用が出来ない仕組み」にするべきだと考えます(目的外利用の場合は有料)。この方法は千葉県庁や他自治体でも多く取り入れられていますので、決して珍しいことではありませんし寧ろその方が健全です。
 運動公園の駐車場にしろ、駐車料金を無料にしているが故に本来サービスを受けるべき市民が蔑ろにされるというのはゆゆしき問題であり、スピルオーバー効果やフリーライダー対策のためにも、駐車場料金のあり方について早急に対策を練るべきだと考えます。
 市役所庁舎駐車場は、平成30年の夏頃供用開始予定です。

————————————
プロフィール
毎田 潤子 昭和49年生まれ 高洲1丁目在住。
日本アニメーション学会 日本生涯スポーツ学会 コンテンツツーリズム学会 所属。
特技 司会、カポエイラ、漫画を描く事。
趣味 二次元

(Facebook) https://www.facebook.com/profile.php?id=100006863416040
(毎田潤子ブログ) 〈まいだじゅんこ日記〉http://ameblo.jp/mai-junjun/


関連記事

 

アーカイブ

ページ上部へ戻る