取得予定の「スターツ」社が協力 内田市長 議会で明かす

取得予定の「スターツ」社が協力 内田市長 議会で明かす

 イトーヨーカドー食品館新浦安店が再オープンしたが、これに先立ち6月19日の市議会で、内田悦嗣市長が「食品館の出店で、取得予定者のスターツデベロップメント社が協力してくれた」ことを初めて明らかにした。

 辻田明議員(自民・無所属クラブ)の代表質問に答えた。
 このなかで内田市長は「イトーヨーカドー閉店で、市民生活に大きな影響が及ぶのを懸念。市長に就任後、高齢者などの買い物を支援するため、日の出公民館と高洲公民館を結ぶバス運行を指示した」と述べた。
 さらに「用地と建物を所有する森トラスト・アセットマネジメント社に対し、この用地開発の際は “市民の日常生活の利便性” に供する商業施設の立地を要望した」。
 そのうえで、「スターツデベロップメント社とは、暫定店舗営業で協議。開発計画に影響しない期間、イトーヨーカドー食品館新浦安店出店で協力を得た」と答えた。
 イトーヨーカドー新浦安店の閉店に伴い、所有者の森トラスト・アセットマネジメント社から譲渡契約した企業名は非公表だった。
 スターツデベロップメント社(本社・東京)は、総合生活文化企業「スターツグループ」の一員。


関連記事

 

アーカイブ

ページ上部へ戻る