小学生力士 333人が熱戦 わんぱく相撲浦安場所

熱戦の連続。見守る仲間も声援
女の子力士もはっけよい

 「第29回わんぱく相撲浦安場所」(浦安青年会議所主催)が、「うらやす情報」などの協力で5月13日、舞浜の市運動公園総合体育館で開かれ、市内の小学生力士333人が熱戦を繰り広げた。

 学校や学区の枠を超えて子供たちに交流してもらおうと、毎年開催されている「5月場所」。田中孝昌青年会議所理事長のあいさつ、内田悦嗣市長の激励に続いて、橋爪浄太朗君(明海南小6年)、大槻まあれさん(南小6年)の選手宣誓で男女別、学年別に取り組みがスタートした。
 入学したばかりの1年生力士はミニサイズのかわいい土俵ではっけよい。女の子力士も家族の声援を受けて、両国国技館の大相撲夏場所に負けない大一番を繰り広げた。対戦後は「勝っても、負けても」さわやかな笑顔をみせた。


関連記事

 

アーカイブ

ページ上部へ戻る