『浦安の烏賊網漁』刊行 市郷土博物館

調査報告「浦安の烏賊網漁」

 浦安市郷土博物館は調査報告第十集「浦安の烏賊網漁」=写真=を刊行した。1面で紹介した東京湾のイカ網漁、江戸時代に漁具・漁法とも浦安が発祥か―を学芸員がまとめた力作。

 全8章、205ページでイラストや写真が折り込まれ、読みやすさに工夫されている。1冊1500円。博物館で販売している。
 編集後記で尾上一明主任学芸員は「本市が昭和46年に漁業権を全面放棄してから、今年で46年目になるが、多くの人の協力で本書が編さんできた」と感謝の言葉を綴っている。


関連記事

 

アーカイブ

ページ上部へ戻る