医療・健康

Dr.竜の「診察ノー卜」第43話: 糖尿病を正しく 治療しよう

 糖尿病は進行すると、動脈硬化になり、各臓器への血流が不足して、若くして心筋梗塞、脳梗塞、腎不全、失明に至る恐ろしい病気である。診断には、尿に糖が出ているかで確認する。
 糖尿病になったら食事を減らし、運動をして体重を減らし、早急に治療を開始する必要がある。週刊誌やネットには売らんがための間違った情報が氾濫しており、ジャヌビアなどのDPP4阻害剤を飲んではいけない薬として糾弾している。

竜 崇正 先生

竜 崇正 りゅう・むねまさ
浦安ふじみクリニック院長
=浦安市富士見2-18-9=

 その理由は「ジャヌビアは、嘔吐や湿疹、呼吸困難など、急激なアレルギー症状のアナフィラキシーを引き起こすことがある。多剤併用により、低血糖を招き、後遺症が残ることもある」というものである。
 この記述は誤りである。糖尿病は治療しないと生命に関わる事態となる。高血糖状態を改善するため、全ての治療が低血糖を来す可能性を持つ。作用の異なる薬を組み合わせる多剤療法が主体で、従来の基本薬はアマリールやベイスンで、この薬は低血糖を来す報告が多い。
 しかし新しい薬のDPP4阻害剤は、単独では低血糖の報告は無く、全て従来基本薬との併用で報告されている。最近は、従来基本薬は使わずDPP4阻害剤を最初に使うのが主流である。
 週刊誌が糾弾していた薬が最も安全な糖尿病治療薬なのである。
 「アナフィラキシー」はピーナツ、蕎麦などの食品に頻度が高く薬剤では少ない。氾濫する間違った情報に惑わされず正しい糖尿病治療を受けて欲しい。

関連記事

  1. ウィーン留学から帰国した 浦安市出身のギタリスト 岡本拓也さん(26) リサイタル ウィーン留学から帰国した 浦安市出身のギタリスト 岡本拓也さん(…
  2. Dr.竜の「診察ノート」 Dr.竜の「診察ノー卜」第19話: 健康長寿目指して 血圧コン…
  3. 弁護士 京介 「家庭の法学」 弁護士 京介 「家庭の法学」(27) 別居と離婚
  4. 弁護士 京介 「家庭の法学」 弁護士 京介 「家庭の法学」(5)  中高年の離婚
  5. 1歳6か月健診に「かおテレビ」導入 発達障害、早期発見で療育に 1歳6か月健診に「かおテレビ」導入 発達障害、早期発見で療育に
  6. 今期限りで引退する深作勇氏 今期限りで引退する深作勇氏
  7. 弁天ふれあ いの森公園 貴重なカエル、オタマジャクシを観察 弁天ふれあいの森公園 貴重なカエル、オタマジャクシを観察
  8. 健幸ポイント根強い人気 追加募集に2500人超 健幸ポイント根強い人気 1500人追加募集に2500人超

新着記事

  1. ウラヤスフェスティバル2019開催直前 浦安芸術花火 QUEEN SUPER FIREWORKS~夜空のラプソディ~ チケット特別販売決定!
  2. 編集後記
  3. 豊受神社 秋祭り 浦安の伝統芸能が披露される
  4. 商工会議所が役員改選 新会頭に熊川賢司氏を選出
  5. 海辺のカフェを総合公園で開催浦安を大好きな市民グループ「NEXT30」が主催
 
PAGE TOP