記念講演や演奏会 文化会館リニューアル 4月1、2日 記念イベント

記念講演や演奏会 文化会館リニューアル

 浦安市役所に隣接する市文化会館の大規模改修工事が3月末で終了。4月からリニューアルオープンする。

 文化会館は、昭和56(1981)年の市制施行を記念して建設された。地下1階地上3階建ての鉄筋コンクリート造り。開館以来、36年を経て施設が老朽化し、大ホールの天井などが落下する危険性が出てきたため、昨年7月から改修工事を行っていた。
 音響、照明を備えた1304席の大ホールと405席の小ホールに加え、リハーサル室、練習室、会議室を併設。伝統芸能からロック、フォーク、演歌、クラシックなど多くのコンサートや催しが年間を通して開催されてきた。
 また、2階には男女共同参画センター「ルピナス」が、ネットワークづくり支援の情報提供、相談事業を行っている。今回の大改修には、本体と電気・機械設備などを含め、約14億8千万円の費用がかかった。

 文化会館の運営は、4月から市施設利用振興公社から社名を変更する公益財団法人「うらやす財団」が担当する。財団の初仕事はリニューアル記念イベントの開催。
 イベントは4月1、2の両日予定されている。1日は五輪レスリングメダリストの吉田沙保里さんなどの記念講演会と、よしもと爆笑ライブ。2日は浦安シティーオーケストラ演奏会と浦安ユースオーケストラ誕生演奏会。初日は申し込みが必要。2日目は先着順。


関連記事

 

アーカイブ

ページ上部へ戻る