行政

4月から、 65 歳以上の生活支援 ゴミ出し、病院付添い簡素に

4月から、 65 歳以上の生活支援 ゴミ出し、病院付添い簡素に

 浦安市は65歳以上の人すべてが対象の介護予防・日常生活支援総合事業を4月から始める。ゴミ出し、病院への付き添いなどの支援手続きを簡素化し、利用しやすくする。

 いままでの制度で高齢者が支援を受けられるのは、日常生活で支援を要する(要支援1)、日常生活の能力がわずかに低下、支援が必要になる(要支援2)と、介護が必要な1から最重度の介護5までに分けられている。
 市によると、新制度で対象になるのは、要支援1、2の認定を受けている人と、支援も介護も受けていない65歳以上の高齢者。
 現在、要支援1、2の人がホームヘルプ、機能改善のリハビリ指導などのサービスを受けるには、看護師などの訪問調査、主治医の意見書などを参考にした審査を受ける必要がある。

 4月からはこれが簡素化される。バスや電車に乗って1人で外出していますか、転倒に対する不安は大きいですか、今日が何月何日かわからない時がありますか―など25項目の質問に答え、判定を受けるだけで、サービスが受けられるか、どうかが決まる。
 サービスは
▽訪問型サービス(ホームヘルプ)=ゴミ出し、洗濯、庭の手入れなどの生活援助
▽リハビリ専門職による3~6か月間の短期間で生活機能の改善を目指す
▽通所型サービス(デイサービス)=通所介護施設での生活機能向上のための支援、栄養改善の短期的指導など。
 サービスによっては有料になる。
 支援を受けていない高齢者には、介護予防活動への参加を呼びかけ、介護予防推進の担い手を養成する。

 市では、「この制度によって高齢者へのサービスの幅が広がり、柔軟なサービスが受けられるようになる」と期待している。
 【問】市介護保険課(でんわ047・712・6406)。
 【申】市猫実包括支援センター でんわ381・9037など各支援センター。

関連記事

  1. Dr.竜の診察ノート Dr.竜の「診察ノー卜」第48話: 難治癌に朗報。 がん遺伝子検…
  2. 10万球のイルミ点灯 ホテルオークラ東京ベイ 10万球のイルミ点灯 ホテルオークラ東京ベイ
  3. 浦安ブライトンホテル東京ベイ バルーンとフラワー2種類のオプションプラン客室が誕生 浦安ブライトンホテル東京ベイ バルーンとフラワー2種類のオプショ…
  4. Dr.竜の「診察ノート」 Dr.竜の「診察ノー卜」第27話: 患者さん自身が在宅医療連携…
  5. サンルートプラザ東京 Xマス・バイキング開催 サンルートプラザ東京 Xマス・バイキング開催
  6. 東京学館浦安 Cシード 高校野球県大会 東京学館浦安 Cシード 高校野球県大会
  7. 液状化対策費用 1年延長を可決 浦安市議会 液状化対策費用 1年延長を可決 浦安市議会
  8. 東京ベイ浦安 シティマラソン ゲストランナーに高橋尚子さん 東京ベイ浦安 シティマラソン ゲストランナーに高橋尚子さん

新着記事

  1. 薗浦健太郎氏インタビュー ディズニーランド再開を良い転換期に
  2. ディズニーランド ディズニーシー営業再開 入園は半分以下に制限
  3. 国道357号(東京湾岸道路) 舞浜立体が開通
  4. 羽田空港と都心結ぶ新路線 舞浜駅直通の構想も
  5. 台風やゲリラ豪雨から身を守る 『待避所』を開設
 
PAGE TOP