免許証自主返納者に温泉入館料割引 高齢者事故に歯止めを

免許証自主返納者に温泉入館料割引

 高齢者の交通事故が増加している浦安市内。これに歯止めをかけようと浦安署は、運転免許証自主返納者に、市内の温泉施設「大江戸温泉物語浦安万華郷」と「スパ&ホテル舞浜ユーラシア」の入館料割引制度を導入、4月から実施する。

 同署管内の昨年1年間の交通人身事故は364件。高齢者の事故は62件で、17%を占める。死亡事故はないが、重軽傷者は多数。27年の交通人身事故は300件で、高齢者の事故は47件で15%。今年も1月だけで高齢者の事故が5件発生。
 同署は高齢者には講習会などで事故防止を訴えているが、インパクトのある対策に温泉施設割引制度を打ち出した。その仕組みは―。運転免許証有効期間中に自主返納した人には警察で発行した身分証明書代わりになる運転経歴証明書(有料)を提示すれば入館料が割引される。

 浦安万華郷では、大人の平日入館料1748円、土日祝日2072円を契約団体料金並みの1424円に割り引く。運転経歴証明書持参者を含めて5人まで割引料金になる。
 舞浜ユーラシアは大人の平日入館料2060円、土日祝日2570円を、それぞれ300円割り引く。
 同署はこの制度で自主返納者が増え、高齢者の事故防止につながることを期待している。


関連記事

 

アーカイブ

ページ上部へ戻る