浦安市議会・小林章宏議員の議会報告 市民が選択・利用しやすいメニュー充実に注力

市民が選択・利用しやすいメニュー充実に注力

小林章宏議員

小林章宏 議員

小林章宏 議員

 年が明け、早いもので2月になりました。私は今まで2年弱の期間に議会の一般質問で、次のような課題にスポットを当て、市側の取り組みを質してきました。
 それは元町地域の街づくりやシティプロモーション、人口施策、高齢者に対する取り組み、消防関係、地方創生と浦安市、市経済の活性化策、安全・安心な街づくり、道路・交通・住環境等と多岐にわたります。
 その結果、まだ一部ですが成果をあげています。浦安駅前のスクランブル交差点から東西線高架下手前までのやなぎ通り沿いの歩道。以前は雨が降るとあちこちに水溜まりができ、市民の方々は歩きにくかったと思いますが短期間の工事によって舗装されました。

 また、以前掲載した議会報告で、公職選挙法の改正に伴い、選挙権年齢が20歳から18歳以上になったことなどを記させて頂きました。
 ところで皆さんは浦安市における投票率について考えたことはありますか。市選管のデータをみると、現実として高いとは言えないのです。その原因は、有権者が投票に行かないからですね。
 ではなぜ投票に行かないのでしょう。いくつか理由が考えられると思います。面倒くさい、自分は政治に関係ない・期待していない、仕事が忙しくて投票に行けない、投票したい候補者がいない等いろいろと理由がありそうです。
 現状に満足しているのだから投票に行かなくてもいいではないか、という方も多いかもしれないですね。確かに浦安市の場合には多岐にわたり市民の方々が選択・利用できるメニューが充実しているとも思います。
 私はこれからも市民の方々がより充実したメニューから選択・利用できるよう、また安全・安心な街づくりを進められるよう少なからず寄与していきたいと考えています。
 皆さんも是非一度、議場へ傍聴においでください。

————————————
【プロフィル】
小林章宏
(昭和35年6月生まれ、猫実5丁目在住)
総務常任委員会副委員長
趣味は 読書・散歩・ラグビー(今は観戦のみ)


関連記事

 

アーカイブ

ページ上部へ戻る