浦安市議会・西川よしずみ議員の議会報告 生きた学び Elemエレム

生きた学び Elemエレム

西川よしずみ議員

西川よしずみ議員

西川よしずみ議員

 先日、福島県いわき市にある「体験型経済教育施設Elem」を視察。
 「Elem」は、東日本大震災の被災地復興を支援するカタール国の基金で建設され、公益社団法人ジュニア・アチーブメント日本といわき市教育委員会が運営を行っています。地元企業の協力を得ながら施設に再現した「街」を2つのゾーンに分け、小学5年生と中学2年生に、社会の仕組みや経済の働きを体験学習してもらう施設です。

スチューデント・シティ

 施設2階に設置された市役所、店舗などのブースで、社会人と消費者の役割を同時に体験し、「社会は相互に支えあうことで成立している」ということなどを学びます。
 子どもたちは学校での事前学習で「仕事をする意味」や「仕事選びと会社の仕組み」などを学習。その後実際に会議や仕事、ショッピングなどの活動を行い、社会は様々な仕事を通してつながっていることなどを学んでいきます。

ファイナンス・パーク

 施設3階に設置された店舗などのブースで、収入、家族など与えられた条件の中で生活を成立させるために必要なコストを計算し、「選択と意思決定」を行う力などを養います。
 子どもたちは学校での事前学習で「収入と支出のバランス」や「家庭におけるお金の使いみち」などを学習。その後実際に架空の年齢や家族構成、年収などが割り振られた個人情報カードをもとに、各ブースから生活に必要な資料や情報を集め、自らの意志で実際に生活設計を行い、生きる力を養っていきます。
 施設にはアンケートが掲示されていました。「社会の仕組みがわかった」だけでなく「お父さんやお母さんの大変さがわかった」などもたくさん寄せられていました。

かつやくできるまちへ

 浦安でも昨年、「こどもがつくるまちうらやす」という事業が大盛況のうちに開催されました。コンセプトは『自分で考え、協力し合うなどして「かつやくできるまち」』。浦安青年会議所として運営に参加しましたが、大変良い事業で感銘を受けました。こうした生きた学びができる場を今後も浦安で増やしていけたらと思います。

————————————
西川よしずみホームページ
http://saikawa.cocolog-nifty.com/
Twitter、Facebook で日々活動をお知らせしています。
(Twitter) https://twitter.com/yoshi_saikawa
(Facebook) https://www.facebook.com/yoshizumi.saikawa


関連記事

 

アーカイブ

ページ上部へ戻る