行政

1歳6か月健診に「かおテレビ」導入 発達障害、早期発見で療育に

1歳6か月健診に「かおテレビ」導入 発達障害、早期発見で療育に

 浦安市は1月から1歳6か月健診に「かおテレビ」(ゲイズ・ファインダー)を導入する。受診した幼児の顔の動きで、発達障害を早期に発見し、療育につなげることができる。市はこれを28年度の “目玉事業” と捉え、効果を上げたいとしている。

 市によると、かおテレビは1歳6か月健診のときに、保護者の希望で受診できる。受診は簡単。保護者と幼児が個室に入り、イスに座った保護者のひざに乗った幼児に約3分間、テレビに映る画面を見てもらう。子供、大人が行動しているシーンなどを見ているだけで、怖かったり、痛かったりすることはない。
 幼児がテレビに映るシーンにどう反応しているか、何に関心があるかなど、目線の動きなどを知ることで幼児の発達を理解する手助けになるという。幼児の発達障害の早期発見、診断につながり、早期療育を効果的に始めることができる。

 受診者から「自閉症スペクトラム」(ASD)と呼ばれる障害発見にもつながる。ASDの人たちは知的障害を伴う自閉症から、エジソン、アインシュタイン、アップル社の創始者、ビル・ゲイツ氏など “異能” と呼ばれるアスペルガー症候群まで、広い分野の発達障害を指す。
 この人たちは、自分と他人との違いがわからない。こだわりが強い。対人関係が苦手。集団の中では生きづらい―など個性的な人が多い。
 かおテレビの診断によって、社会性がない、他人とうまく関われないなどの発達障害は、幼いときに適切な療育を受ければ、かなりの効果が期待できる。

 市では幼児の療育と親の支援のため、この事業に関わる保健師たちの研修を重ねてきた。
 かおテレビ導入の1回目の健診は1月中旬から。それ以後も定期的に行う。1歳6か月健診の対象者は1400人で、1回当たりの受診者は55人を見込んでいる。

関連記事

  1. 新型コロナウイルスの対策を発表 内田市長が会見 新型コロナウイルスの対策を発表 内田市長が会見
  2. 中央図書館大規模改修へ 情報化時代に対応、パソコン増設 中央図書館大規模改修へ 情報化時代に対応、パソコン増設
  3. わんぱくクイズ 戦いすんで…コメント集〜 わんぱくクイズ 戦いすんで…コメント集〜
  4. 浦安市液状化対策 舞浜3丁目地区101戸が合意 浦安市液状化対策 舞浜3丁目地区101戸が合意、議会に提案
  5. 浦安魚市場 半世紀の歴史に幕!? 市議会で明らかに 浦安魚市場 半世紀の歴史に幕!? 市議会で明らかに
  6. わんぱくクイズに220人 8.15市内最後の第4ステージ わんぱくクイズに220人 8.15市内最後の第4ステージ
  7. 浦安市少年消防団 全国消防クラブ交流会 4位入賞 浦安市少年消防団 全国消防クラブ交流会 4位入賞
  8. しっかり豊受、迫力の稲荷 さまざまな狛犬を確かめては しっかり豊受、迫力の稲荷 さまざまな狛犬を確かめては

新着記事

  1. 薗浦健太郎氏インタビュー ディズニーランド再開を良い転換期に
  2. ディズニーランド ディズニーシー営業再開 入園は半分以下に制限
  3. 国道357号(東京湾岸道路) 舞浜立体が開通
  4. 羽田空港と都心結ぶ新路線 舞浜駅直通の構想も
  5. 台風やゲリラ豪雨から身を守る 『待避所』を開設
 
PAGE TOP