行政

1歳6か月健診に「かおテレビ」導入 発達障害、早期発見で療育に

1歳6か月健診に「かおテレビ」導入 発達障害、早期発見で療育に

 浦安市は1月から1歳6か月健診に「かおテレビ」(ゲイズ・ファインダー)を導入する。受診した幼児の顔の動きで、発達障害を早期に発見し、療育につなげることができる。市はこれを28年度の “目玉事業” と捉え、効果を上げたいとしている。

 市によると、かおテレビは1歳6か月健診のときに、保護者の希望で受診できる。受診は簡単。保護者と幼児が個室に入り、イスに座った保護者のひざに乗った幼児に約3分間、テレビに映る画面を見てもらう。子供、大人が行動しているシーンなどを見ているだけで、怖かったり、痛かったりすることはない。
 幼児がテレビに映るシーンにどう反応しているか、何に関心があるかなど、目線の動きなどを知ることで幼児の発達を理解する手助けになるという。幼児の発達障害の早期発見、診断につながり、早期療育を効果的に始めることができる。

 受診者から「自閉症スペクトラム」(ASD)と呼ばれる障害発見にもつながる。ASDの人たちは知的障害を伴う自閉症から、エジソン、アインシュタイン、アップル社の創始者、ビル・ゲイツ氏など “異能” と呼ばれるアスペルガー症候群まで、広い分野の発達障害を指す。
 この人たちは、自分と他人との違いがわからない。こだわりが強い。対人関係が苦手。集団の中では生きづらい―など個性的な人が多い。
 かおテレビの診断によって、社会性がない、他人とうまく関われないなどの発達障害は、幼いときに適切な療育を受ければ、かなりの効果が期待できる。

 市では幼児の療育と親の支援のため、この事業に関わる保健師たちの研修を重ねてきた。
 かおテレビ導入の1回目の健診は1月中旬から。それ以後も定期的に行う。1歳6か月健診の対象者は1400人で、1回当たりの受診者は55人を見込んでいる。

関連記事

  1. 浦安市は松戸市と 「家庭系一般廃棄物の処理に関する協定」を締結 浦安市は松戸市と 「家庭系一般廃棄物の処理に関する協定」を締結
  2. 6月議会、手話条例など 13議案提案 6月議会、手話条例など 13議案提案
  3. みそ汁に異物混入? 給食セン ターの管理強化へ みそ汁に異物混入? 給食セン ターの管理強化へ
  4. 中央図書館大規模改修へ 情報化時代に対応、パソコン増設 中央図書館大規模改修へ 情報化時代に対応、パソコン増設
  5. 全面人工芝の硬式球場完成 全面人工芝の硬式球場完成 4月のイースタン ロッテ対巨人でこけら…
  6. 液状化対策、国費負担継続 液状化対策、国費負担継続 竹下復興相
  7. ヨーカドー食品館閉店後もスターツ社 商業施設を導入へ ヨーカドー食品館閉店後もスターツ社 商業施設を導入へ
  8. 知ってるようで 知らない“生き物”「浦安の海苔養殖」展 知ってるようで 知らない“生き物”「浦安の海苔養殖」展

新着記事

  1. 感染拡大防止を市民に呼びかけ 大切な家族・友人を守るため、責任感持った行動を
  2. 新型コロナウイルスの対策を発表 内田市長が会見
  3. Dr.竜の診察ノート
  4. 「リゾートライナー」の運行開始が延期
  5. 医療関係者への感謝と応援の気持ちをこめて シンデレラ城などがブルーライトアップ
 
PAGE TOP