行政

「躍動感ある県」目指す 松崎氏 知事選出馬正式表明

 浦安市の松崎秀樹市長(66)=写真=は12月22日、千葉県庁で記者会見し、任期満了に伴う今年3月の知事選に無所属で立候補することを正式に表明した。

松崎秀樹市長

 松崎氏は立候補について、「千葉県は資源が豊富で魅力があり、財政状況も良好なのに、市町村などへの支援策が少なく、豊かさが感じられない」と森田県政を批判。「浦安市長を18年間務めた経験をもとに元気で発信力のある千葉県をつくりたい」と決断理由を述べ、「県民への約束」として政策を発表した。
 その政策を「県躍進の道しるべ」と題した松崎氏は、急ぎの課題として、道路交通網の整備、教育、医療、子ども・子育て、農林水産問題を挙げ、トップリーダーとして取り組むと約束。少子化対策のための保育料等の減免と助成、新生児養子縁組制度の創設などについても明らかにした。
 また、首都直下地震に備え、東京湾上にメガフロートを整備し、即応出動部隊の創設なども災害対策として挙げている。
 市長辞職時期は、経費節減などのため、知事選と市長選が同日で行える2月中旬になりそう。
 松崎氏は東京都出身。明大院修了。代議士秘書、県議を経て、平成10年11月の市長選で初当選。現在5期目の折り返しを迎えた。
  ◇
 知事選には12月8日、元県立高校長、皆川真一郎氏(62)が無所属で立候補を表明。
 森田健作知事(67)も1月4日、「中小企業振興、女性が働きやすい環境づくりなどに力を入れたい」などと、3選を目指し立候補する意向を表明した。

関連記事

  1. 録音電話で詐欺予防 千円で機器を給付 録音電話で詐欺予防 千円で機器を給付
  2. 感染拡大防止を市民に呼びかけ 大切な家族・友人を守るため、責任感持った行動を 感染拡大防止を市民に呼びかけ 大切な家族・友人を守るため、責任感…
  3. 市と順天堂 医療などで相互協力協定 市と順天堂 医療などで相互協力協定
  4. 冒険心育む「こどもの広場」開設 冒険心育む「こどもの広場」開設
  5. 20年ぶりに「水神祭」復活 水上の伝統芸能に歓声 20年ぶりに「水神祭」復活 水上の伝統芸能に歓声
  6. わんぱくクイズに220人 8.15市内最後の第4ステージ わんぱくクイズに220人 8.15市内最後の第4ステージ
  7. お手柄警察官に消防長感謝状贈呈 お手柄警察官に消防長感謝状贈呈
  8. 公文書開示請求 217 件 27年度の情報公開 公文書開示請求 217 件 27年度の情報公開

新着記事

  1. 浦安小さな旅(1) 「原風景を巡る」
  2. うらやすの人(54) 豊洲市場の仲卸会社「山治」社長 山﨑康弘さん(50)
  3. 浦安市、特別職給与、 議員報酬削減
  4. 浦安の小中学校と幼稚園は登校・登園に
  5. 営業を再開「イクスピアリ」6月1日より
 
PAGE TOP