包括支援センター 浦安駅前支所オープン

高齢者対応が充実

 高齢者の “よりどころ”、市包括支援センター(ともづな)の浦安駅前支所が11月にオープン。新設する富岡地区のセンター工事も始まった。これで市内の包括支援センターは4か所、支所1か所となり、高齢者への対応が充実する。

包括支援センター 浦安駅前支所

 ともづなには社会福祉士、主任ケアマネジャー、保健士などを配置。高齢者の介護・福祉、医療などさまざまな相談に無料で応じる。認知症の人やその家族への支援も行う。
 浦安駅前支所は、駅から徒歩3分にある旧市民活動センターの1階に開設=写真。広さは197m2。担当区域は設けず、立ち寄り相談も可能。
 富岡は富岡交番隣で、鉄骨平屋86m2。担当地域は中町の南部、来年4月にオープン。ともに相談室、多機能トイレ付き。
 浦安市の高齢者は今年4月現在2万6576人。高齢化率は16.07%で、前年4月の2万5399人、15.50%より上回っている。高齢者人口、率ともにこれから増加が予想され、ともづなの役割は重要になってくる。
 ともづなの受付時間は月~土曜9時~17時。休館日は日曜、祝日、年末年始(12月29日~1月3日)。
 
 【問】猫実地域包括支援センター(でんわ381・9037)。


関連記事

 

アーカイブ

ページ上部へ戻る