境川東水門ゲート貝殻びっしり 来年2月まで改修中

境川東水門ゲート “開かずの水門” ゲートに、貝殻びっしり—。
 浦安市の1級河川・境川の東水門は市のホームページによると、1年間で約240回、1回平均3時間しか開けられない。東京湾と旧江戸川に接続する西水門の潮位が一定の水位以下にならないと開けられないためのようだ。
 そのおかげか、東水門ゲートには年輪ならぬ “貝殻アート” で埋め尽くされている=写真。
 この水門、昭和42年3月に完成、県葛南土木事務所によると、来年2月7日まで改修工事中。


関連記事

 

アーカイブ

ページ上部へ戻る