ブリオベッカ浦安 小学1~4 年生対象 サッカースクール開校

ブリオベッカ浦安 エンブレム

 子供から大人まで、サッカーを通した人づくりを実践しているブリオベッカ浦安(谷口和司代表)が、11月から小学1年~4年生を対象にサッカースクールを始めた。

 練習は毎週水曜日。場所は市川市広尾のフットボールコミュニティー市川浦安店(屋内)。1・2年生は午後4時10分から、3・4年生は午後5時 20分から、いずれも約1時間。元日本代表で浦安のテクニカルディレクター、都並敏史氏がアドバイザー、現役のMF、田中貴大選手(22)がコーチを務めている。
 ジュニア育成から一流選手に育つまで、一貫したサッカー指導をチームの大きな柱としているブリオベッカ浦安。とくにゴールデン・エイジといわれる10歳前後が技術を身につける大切な時期として、今回はあえて6歳の1年生から10歳の4年生までを対象に参加者を募った。
 入会は随時。月謝は1人6500円(他に年会費)。【問】でんわ090・3962・1989(小倉さん)

ブリオベッカ浦安 10月 1勝2敗

 サッカーJFL(日本フットボールリーグ)のブリオベッカ浦安は、10月1勝2敗。15日には9月からの連勝を3と伸ば
し、順位を16チーム中7位に上げたが、後半連敗して9位に後退した。第15節の最終戦は11月15日、静岡県浜松市で、H
onda FCと対戦する。
 10月15日の第11節は栃木ウーヴァFCとホームで対戦。前半奪った田中俊、池田の2ゴールを守り抜き、勝点を17に伸ばした。
 しかし、第2ステージの残り4試合は、いずれも通算順位のトップを争う上位チームばかり。23日の第12節はFC大阪に善戦したものの2―4で敗れ、30日の第13節、ホンダロックSC(宮崎市)戦も先制のあと追いつかれ、3失点して敗れた。


関連記事

 

アーカイブ

ページ上部へ戻る