Dr.竜の「診察ノー卜」第38話: 悩み多い男性の尿漏れ

 10月号の女性に続いて男性編。男性の尿漏れは意外に多いが、人に相談しにくく、医者に行くのもためらわれる悩みだ。
 軽い男性の尿漏れには「ちょい漏れ」と「追っかけ漏れ」がある。ちょい漏れは、筋肉や神経の衰え、前立腺肥大などが関係している。追っかけ漏れは、排尿後も長い尿道に尿が残り、排尿後に少量漏れるもので、「排尿後尿下」ともいわれる。

竜 崇正 先生

竜 崇正 りゅう・むねまさ
浦安ふじみクリニック院長
=浦安市富士見2-18-9=

 主な尿漏れの原因は「過活動膀胱」による。急にオシッコがしたくなって、間に合わず尿漏れとなる。過活動膀胱の原因は前立腺肥大。前立腺肥大は50歳から増加、高齢になるに従って頻度が高くなる。
 初期症状は「尿が出にくく、勢いが弱い」「尿が出るのに時間がかかる」「力まなければ出ない」などだ。前立腺肥大症が進行すると「過活動膀胱」となり、急に我慢できない強い尿意がおこり、尿を漏らしてしまう。
 前立腺肥大患者の50~70%が過活動膀胱を合併しているといわれる。過活動膀胱には良い薬があり、早めに医者に行ったほうが良い。

 以下に尿漏れ対策を述べる。
(1)洋式トイレで座って用を足す。「おっかけ漏れ」は、洋式トイレに座ったほうが、尿を完全に出しやすくなる。尿をした後も、すぐに下着を上げず、しばらくしてからが効果的。
(2)肥満と高血圧、糖尿病など生活習慣病を改善する。これらの方は、尿道や膀胱への血流液が悪くなり、尿漏れしやすくなる。
(3)冷えを避ける。最近は保温性の高い下着があるので工夫も大切。
(4)骨盤底筋トレーニングをする ▽深呼吸してリラックスし、足を肩幅程度に開いて、背筋を伸ばす。姿勢が整ったらお尻の穴をキュッとすぼめるように、肛門を締めて5秒間キープする。これを5回、1セットで、1日10セット行う。
(5)男性用尿漏れパンツの着用。どうしても尿もれする方は使うと良い。ズボンのシミや、ニオイも防いでくれる。


関連記事

 

アーカイブ

ページ上部へ戻る