元気な高齢者の就業、今がチャンス シルバー人材 会員登録呼びかけ

 元気な高齢者に仕事を紹介する浦安市シルバー人材センターの会員登録者が減少している。人材センターでは市の広報で入会を呼びかけ、10月12日から公民館を会場に入会説明会を開く。登録者の減少でシルバーには就業のチャンス。

 センターが仕事を紹介する対象は市内在住の60歳以上。職業生活から引退、健康維持や生きがいのために働く意欲があり、体力、能力がある人。入会説明会に参加、年会費2400円を納入などの条件が付く。

シルバー人材

公園の清掃をする高齢者たち

 センターが紹介する仕事の内容は幅広い。
 駐輪場、駐車場の管理、植木の剪定、襖、障子の張り替え、家事の手伝い、除草、清掃、毛筆による宛名、賞状書き、年賀状書き、受付事務、葬儀全般―など。

 センターでは、民間企業、公共団体、家庭から仕事の依頼を受け、会員に紹介している。紹介するのは会員に限られ、登録者数は年々減少している。平成25年度は413人(男338人、女75人)、26年度は427人(男348人、女79人)だったのが、27年度は393人(男332人、女61人)に減少している。
 就業率は26年度は349人(81.7%)だったのが27年度は330人(84%)に上がっている。

 シルバーの場合、就業日数は月10日以内と決められており、時給は800円から900円が多いという。
 就業希望が多いのは事務系でパソコンが扱える人は有利という。就業者の最高年齢は88歳の女性で筆耕業務で長期間続いている。

 最近、登録者数が減少しているのは、定年制延長のためで、この傾向は続くとみられる。センターでは「高齢者の豊富な経験、知識、技能を活かし、いろいろな仕事を引き受けています」と民間企業や家庭などにPR。企業の発注を呼びかけるとともに、高齢者を対象に入会説明会を開く。
 開催日=10月12日堀江、17日美浜、11月9日当代島、21日美浜、12月14日富岡、19日中央の各公民館。時間はいずれも14時から。希望者は直接会場へ。
 1~3月にも月2回、公民館で説明会を開く。 
 【問】シルバー人材センター(でんわ355・4001)


関連記事

 

アーカイブ

ページ上部へ戻る