医療・健康

Dr.竜の「診察ノー卜」第37話: 女性に多い尿漏れ 20〜30代にも増加

 男性に比べ女性の尿漏れが多いのは、体の構造や妊娠・出産などが原因。尿漏れ経験者は、20代で20%、30代で31%と中高年だけでなく若い女性にも多い。

竜 崇正 先生

竜 崇正 りゅう・むねまさ
浦安ふじみクリニック院長
=浦安市富士見2-18-9=

 尿漏れのタイプ別では、腹圧性50%、切迫性約20%、混合型約30%。
 腹圧性は妊娠後、肥満、頑固な便秘など、骨盤底筋肉が弱くなって内臓が下がり、膀胱や尿道が圧迫された状態で、くしゃみ、咳、運動など、急激な腹圧で起きる。妊娠中には半数以上の人が尿漏れを経験する。出産後も尿漏れが続くなら、骨盤底筋肉が弱くなっていると考えよう。
 切迫性は排尿筋の収縮をコントロールしている神経障害によるトイレが間に合わない尿漏れで、薬や手術治療が必要。
 腹圧性は、骨盤底筋を鍛えればかなり解消できる。骨盤底が正しく働いているか自分で確かめる方法。入浴時、右手の人さし指、中指、薬指の先を肛門と会陰部に軽く当て、尿を我慢する時のように力を入れる。その時、肛門のやや前方の会陰腱中心という少し硬い部分が、締まって持ち上がっていれば、骨盤底は正しく収縮している。
 また、尿を途中で止め、尿の出が遅くなるようなら、骨盤底の筋肉が正常な証拠。尿漏れ予防には、骨盤底筋体操が有効だ。基本動作は、便を我慢するイメージで肛門を締める。肛門の収縮が確認できたら、尿を我慢するイメージで膣尿道を締める。
 次に肛門尿道を持ち上げるように意識。腹筋に力を入れず1回10分、1日数回、毎日続ける。尿漏れになっても骨盤底筋体操は有効で、2~3か月で治療効果が現れる。
 薬物療法は、一般的に薬局で買える薬ハルンケアも軽い尿漏れ、頻尿に有効。切迫性では薬物療法が必要で、抗コリン薬は膀胱の異常収縮を抑制し、β3受動態作動薬は膀胱容量を増大させる働きがある。種々の有効な薬剤が開発されているので、泌尿器科に相談しよう。

関連記事

  1. 弁護士 京介 「家庭の法学」 弁護士 京介 「家庭の法学」(13) 相続の流れ
  2. ギタリスト・渡辺香津美が 4・13 音楽ホールでコンサート ギタリスト・渡辺香津美が 4・13 音楽ホールでコンサート
  3. 認知症の市民が住み慣れた 地域で生活するために 認知症サポーター講座 認知症の市民が住み慣れた地域で生活するために 認知症サポーター講…
  4. 意識不明女性にAEDショック 警備会社員2人に消防長感謝状 意識不明女性にAEDショック 警備会社員2人に消防長感謝状
  5. 関根和子 トールペイント デビュー20周年を記念し開催 関根和子 トールペイント デビュー20周年を記念し開催
  6. 弁護士 京介 「家庭の法学」 弁護士 京介 「家庭の法学」(18) 生命保険と相続
  7. 弁護士 京介 「家庭の法学」 弁護士 京介 「家庭の法学」(30) 離婚届不受理申出書
  8. 弁護士 京介 「家庭の法学」 弁護士 京介 「家庭の法学」(28) パートナーシップ証明書

新着記事

  1. 編集後記
  2. 浦安の輝くイルミネーション 各施設でクリスマスイベント満載
  3. クリスマスコンサートで美声披露目指し ボイストレーニングスタート
  4. 日蓮宗正福寺でお会式 多彩な企画は東日本大震災がきっかけに
  5. 「トイ・ストーリー」テーマホテル 2021年にTDRに完成
 
PAGE TOP