市施設利用振興公社 親しみやすい新社名公募

市施設利用振興公社 親しみやすい新社名公募

 「覚えやすく、親しみやすい」新社名を公募―。浦安市の総合体育館や文化会館、自転車駐車場、墓地公園などを管理・事業運営している市施設利用振興公社。ところが市民から「名称が硬く、中身がわかりづらい」という指摘があるため、同公社は9月30日まで新社名を募集している。

 応募資格は市民(年齢不問)で、件数は1人1作品。「公益財団法人」で始まる名称で、(1)事業活動がイメージでき (2)市民に財団への理解と愛着が促進されるなどの名称が望ましい、としている。詳細は財団HPか、【問】でんわ355・0288新社名公募係。
 発表は来年1月ごろで、最優秀作品5万円、優秀作品2万円とテーマパークチケットなどが贈られる。新社名は同4月から変更予定。


関連記事

 

アーカイブ

ページ上部へ戻る