経済

ハウステンボスが 来年3月、富士見に「変なホテル」2号棟 開業

ロボットが接客 家族連れ利用を想定

 長崎県佐世保市でテーマパークを運営するハウステンボスは8月4日、浦安市富士見5丁目に来年3月下旬、ロボットがフロントで接客などをする「変なホテル」2号棟を開業すると発表した。

フロント受付ロボットのイメージ

開業時、フロント受付に配置されるロボットのイメージ

 2号棟は、ディズニーランドなどの最寄り駅・JR舞浜駅北口から徒歩20分圏内に立地。ハウステンボス以外で開業するのは初めて。ホテルは鉄筋コンクリート地上6階建て、延べ床面積約3250㎡。客室は2~6階に100室。内訳はツイン50室(約18m2)、トリプル40室(約24m2)、デラックストリプル8室(約26m2)、コンフォートツイン2室(同)。
 このほか、併設レストラン、カフェコーナー、WiFiカウンター(予定)。家族連れの利用を想定しており、リーズナブルな価格設定で年内に予約を始める方針。

 同社は昨年7月、ハウステンボス内に世界一生産性の高いホテルを目指し1号棟1期72室、今年3月に2期72室の計144室がオープン。1号棟では (1)16種類、180台のロボット活用で人件費抑制 (2)再生可能エネルギーの活用などで光熱費の削減 (3)最新工法で建築コスト抑制―に取り組んできた。
 2号棟では、開業時にフロント受付に2台のロボットを配置し、順次増やしていくという。

関連記事

  1. 魚をモチーフ「ポワソンダブリル」販売 オリエンタルホテル東京ベイ 魚をモチーフ「ポワソンダブリル」販売 オリエンタルホテル東京ベイ…
  2. 1年で一番短い夜をキャンドルで楽しむ ホテルオークラ東京ベイ 1年で一番短い夜をキャンドルで楽しむ ホテルオークラ東京ベイ
  3. 市の全施設をLED照明に 40億円かけ10余年で 市の全施設をLED照明に 40億円かけ10余年で
  4. 弁天2丁目液状化対策中止 弁天2丁目液状化対策中止 今後は道路災害復旧工事に着手
  5. 豊かな老後と争わない相続 今泉 浩一 「老後の悩み」と「豊かな第二の人生 」(Vol.38) (株)明…
  6. サンルートプラザ東京 「全宴会場&チャペル」 を全面リニューアル サンルートプラザ東京 「全宴会場&チャペル」 を全面リニューアル…
  7. 3月28日(木) 手しごとワークショップ ~春の和菓子~開催 ホテルオークラ東京ベイ 3月28日(木) 手しごとワークショップ ~春の和菓子~開催 ホ…
  8. “ワクワク・プチ・マルシェ” 出店者募集中 “ワクワク・プチ・マルシェ” 出店者募集中

新着記事

  1. 編集後記
  2. 小学生にタグラグビー NZラグビーコーチが指導
  3. 浦安市墓地公園 複合霊堂が完成 8月1日より使用
  4. 街頭パフォーマンスライセンス 制度スタート
 
PAGE TOP