行政

高洲地区にスポーツチームの活動拠点

未分譲地の開発計画、最終段階へ

 浦安市高洲地区に残る未分譲地の開発計画が、最終段階へ向けて動き出した。すでに事業者公募に入った「リハビリテーション病院」に続いて、市が開発のために未分譲地の土地利用を見直すことにした。その目玉事業は「トップレベルのスポーツチームの活動拠点づくり」となりそうだ。

高洲地区未分譲地

高洲地区に広がる東京湾沿いの未分譲地

未分譲地の見直し地区

 高洲地区は、昭和47(1972)年に始まった県企業庁の第2期海面埋立事業で、日の出、明海地区などとともに、昭和55年に造成された。
 広さ約125ha。これまで高層住宅を中心に街づくりが進んできたが、東京湾沿いの一部が未分譲地として残っている。
 今回の土地利用の見直しは、この未分譲地5カ所で民間活力を導入して開発しようというもの。

 5カ所はA~E街区=別掲=とし、広さは合計12.6ha。このうちA~D街区は、主に戸建て、低層集合、中高層の住宅建設と、教育福祉施設の立地を推進する。東日本大震災以降、初めての大規模開発となるため新たな街づくりのモデルとなるよう考慮する。
 E街区3.8haは、現在、周辺に特別養護老人ホームや老人施設があり、リハビリテーション病院が建設されることから住宅地ではなく、「トップレベルのスポーツチームの活動拠点(グラウンド等)の整備促進」を開発条件とした。

 トップレベルのスポーツチームとは、県内に拠点のあるジャパンラグビートップリーグのチームとみられている。
 最近はラグビー人気が再燃。予定地は京葉線新浦安駅から約2キロと近く、グラウンドができれば4年後の東京五輪・パラリンピックの会場として注目されるかもしれない。
 市では今回の土地の見直しについて、市民にパブリックコメントを募った。今後の開発の参考にする予定。

関連記事

  1. 法定雇用障害者数下回っていた 法定雇用障害者数下回っていた
  2. レッツゴー バルドラール浦安 レッツゴーバルドラール浦安 新シーズンスタートはGW!
  3. 弁天2丁目液状化対策中止 弁天2丁目液状化対策中止 今後は道路災害復旧工事に着手
  4. レッツゴー バルドラール浦安 レッツゴーバルドラール浦安 開幕ダッシュ成功、首位にくらいつけ
  5. 地域の子供達に〝場〟を提供 「スマイル♡こども食堂浦安」誕生 地域の子供達に〝場〟を提供 「スマイル♡こども食堂浦安」誕生
  6. 新たな観光の目玉へ 22日から屋形船 定期乗合スタート 新たな観光の目玉へ 22日から屋形船 定期乗合スタート
  7. ヨーカドー食品館閉店後もスターツ社 商業施設を導入へ ヨーカドー食品館閉店後もスターツ社 商業施設を導入へ
  8. 放課後の小学生集まれ! 浦安駅近くセンター開設 交流して自主性養う 放課後の小学生集まれ! 浦安駅近くセンター開設 交流して自主性養…

新着記事

  1. 子どもたちの読書活動推進のため「子ども図書館」(仮称)整備計画進行
  2. 中央図書館がリニューアルオープン
  3. 「三社祭」に向けて意気込み語る 稲荷神社・総代長
  4. うらじょグルメ(10) コロッケとともに自家製カレーを満喫 コロッケのMARUYA(マルヤ)
  5. ディズニーアンバサダーホテル キングダム ハーツ スペシャルルーム再登場 シリーズを思い返せるリマインド新登場
 
PAGE TOP