明中は早くも「SNS宣言」 ブルーリボン運動を開始

SNSルールの策定を受けて、明海中(石菜秀彦校長、生徒361人)では、夏休み前に学校独自の「SNS宣言」を作成。宣言文を記した宣誓書を全校生徒に提示し、署名した生徒にリボンを配る「ブルーリボン運動」を始めた。

ブルーリボン運動

 明海中の宣言は、(1)お金、個人情報に関する利用規約は必ず読もう!同意ボタンは印鑑だ! (2)載せてほしくないときは相手に伝える勇気を持とう! (3)悪口、噂はながしません! 
 ブルーリボンは、生徒会の生活委員会が中心となって、昼休みを利用し、1週間かけて500個作製=写真。メンバーは「ケータイを使う前にこのリボンを見て、明中ルールを思い出してくれたらうれしい」と話した。
 委員会では、夏休み前の保護者会でも協力を呼びかけ、署名活動に入った。


関連記事

 

アーカイブ

ページ上部へ戻る