教育

ネットいじめやトラブル防止に SNSルール策定中学生サミット

うらやすっ子の歴史作ろう
全9中学校が参加

 インターネットを通した「ネットいじめ」「ネットトラブル」から身を守ろうと、浦安市の中学生が独自のSNSルールづくりに乗り出した。すでに1学期、全9校の代表が2回「うらやすっ子SNSルール策定サミット」を開催。基本行動指針をまとめた。2学期以降、各学校でルールを徹底し、本格的な取り組みに入る。
 

SNSルールを確認するG9のメンバー

出来上がったSNSルールを確認するG9のメンバー=6月28日、市文化会館会議場

SNSルール策定中学生サミット

SNSルール策定中学生サミット

 SNSは、ソーシャル・ネットワーキング・サービスの略称。インターネットを通して、人と人との交流を支援する会員制のサイト。 
 「FaceBook」(フェイスブック)、「Twitter」(ツイッター)、LINE(ライン)といったコミュニケーションアプリで知られ、大半が無料。会員登録すれば友人との情報交換やネットワークづくりが手軽にできることから利用者が爆発的に増えている。
 一方、実名登録が原則のため個人情報の流出や詐欺、脅しといったトラブルに巻き込まれるケースも多く、大きな社会問題になりつつあるのが現状だ。

 こうした中、中学生の携帯電話・スマートフォンの所持率が8割にのぼり、全国平均の6割を大きく上回る浦安市。市教育委員会がいち早く対策に動き出した。
 ただ、教委が先頭に立つのではなく、あくまで各学校、生徒の自主性を尊重し、生徒による独自のルールづくりを指導した。
 
 5月に日本で開催された主要国首脳会議(伊勢志摩サミット)にならって、市内9中学校の代表による「SNSルール策定中学生サミット」。G9の生徒は、浦安の歴史をつくろう—と、6月に2回、2班に分かれて各校から持ち寄ったSNSルールの課題を出し合い、対策を協議した。

うらやすっ子SNSルール

 こうして出来上がったのが、別掲の「うらやすっ子SNSルール」6項目。
 ルールづくりには、情報セキュリティーメーカー、デジタルアーツ社の工藤陽介氏がアドバイザーに加わった。
 アドバイスは「守れないルールは作らない」「夜、何時以降はスマホの禁止といったお利口すぎるルールはだめ」「否定だけに走らない」。
 メンバーはこれらを念頭に、代表生徒がルールの優先順位を付けて、方針をまとめた。
 事務局の寺尾里代・日の出中校長は「知らないメンバーによる長時間かけてのルールづくり。どの項目もできそうで、できない対策が盛り込まれ、まとまっていて誇りに思う」と総括。今後のルール徹底に期待した。(2面に関連記事

関連記事

  1. 堀江公民館リニューアルオープ ン 堀江公民館リニューアルオープン
  2. 「先生抜き、本音で語り合いたい」 うらやすっ子中学生サミット 「先生抜き、本音で語り合いたい」 うらやすっ子中学生サミット
  3. 「女性首長によるびじょんネットワーク」開催 「女性首長によるびじょんネットワーク」開催 柳内会頭がパネルディ…
  4. TDR春のイベント 「ディズニー・イースター」 TDR春のイベント 「ディズニー・イースター」
  5. 市教育長に細田氏 市教育長に細田氏
  6. 浦安市少年消防団 全国交流会でみごと初優勝 浦安市少年消防団 全国交流会でみごと初優勝
  7. 免許証自主返納者に温泉入館料割引 免許証自主返納者に温泉入館料割引 高齢者事故に歯止めを
  8. イクスピアリ15周年キャンペーン 巨大壁画が2階B'ウェイに登場 イクスピアリ15周年キャンペーン 巨大壁画が2階B’…

新着記事

  1. 浦安小さな旅(1) 「原風景を巡る」
  2. うらやすの人(54) 豊洲市場の仲卸会社「山治」社長 山﨑康弘さん(50)
  3. 浦安市、特別職給与、 議員報酬削減
  4. 浦安の小中学校と幼稚園は登校・登園に
  5. 営業を再開「イクスピアリ」6月1日より
 
PAGE TOP