若潮公園の除草に一役 ヤギさんが草刈り

 浦安市美浜の若潮公園で、5月中旬からヤギが除草に活躍。メス4頭と赤ちゃんヤギ2頭。緑の原っぱで無心で草を食む姿は愛らしく、子供たちに人気だ=写真。秋まで続けられる予定。除草作業は毎週火木金曜の9時半~11時半まで。ヤギは雨を嫌うので、小雨でも中止になる。

ヤギが除草に活躍中

 公園内の原っぱの一画200m2をロープで囲み、リードをつけた大人のメスヤギ4頭を杭につなぐ。リードは約2.5メートルで、この範囲がヤギの活躍の場。赤ちゃんヤギは囲みの中で草を食べたり、お母さんヤギに甘えたりして気ままに動き回っている。
 ヤギの食べっぷりはなかなか。その分、CO2(二酸化炭素)を排出する草刈り機を使わずにすみ、環境浄化にも一役買っている。
 ヤギの世話や清掃作業は、NPO法人タオから派遣の障害者が担当。就労支援にもなっている。
 若潮公園を管理する隣接の交通公園・田島佳之園長は「ヤギの除草はそれなりの効果を上げています。動物への関心を高め、癒しの効果も期待できます」と話す。


関連記事

 

アーカイブ

ページ上部へ戻る