弁護士 京介 「家庭の法学」(2)  不貞行為〈2〉

 今月も、先月に引き続いて「不貞行為」です。一般に、浮気は、夫(あるいは妻)に不審な兆候があって、調べ出したら、浮気を疑わせる証拠が出て来た、という経緯で発覚することが多いものです。

矢野弁護士

矢野京介

 不審な兆候というのは、夫の例で言えば、次のようなケースです。
 「仕事の帰りが遅くなってきた」、「飲み会だから帰りが遅くなるという回数が増えた」、「残業や泊まりの出張が増えた」、「休日出勤が増えた」、「服装や髪型を気にするようになった」、「携帯電話を常に持つようになった」、「携帯電話を見る回数が増えた」、「メールを打つ回数が増えた」、「会話が減った」等の日常生活のちょっとした変化です。
 夫の浮気を疑った妻が、まず調べるのは、携帯電話、鞄、財布、手帳、車などの夫の身の回り品です。これらの中から出て来ることの多い証拠類は、メール(最近ではLINE)のやり取り、浮気相手らしき電話番号、手紙、写真、ホテルの関連グッズ(ライター、カード、レシート類)、避妊具等です。
 これらの証拠類だけで夫の不貞行為(異性との性交渉)を裏付けることが出来る場合もあれば、不十分な場合もあります。不十分な場合は、次に、自分や友達に頼んで夫を追尾したり、夫の車にGPSを取り付けたり、調査会社に依頼する等して夫の行動調査をする人もいます。
 それでも決定的な証拠が得られなかった場合は、最後に、夫や浮気相手らしき女性を直接問い質します。ここで、あっさりと不貞の事実を認めたり、辻褄の合わない弁解をしたりしてボロを出すことも案外ありますので、やり取りは録音しておくとよいでしょう。

葛西臨海ドリーム法律事務所


関連記事

 

アーカイブ

ページ上部へ戻る