行政

参院選公示間近、準備急ぐ 衆院W選もにらむ 市選管

 今夏の参院選公示が想定されている6月23日まで1カ月余り。政党や立候補予定者の動きも活発化している。こうした中、浦安市選管は「選挙権年齢が18歳以上」に変更されてから、初めての国政選挙の準備を急いでいる。ただ、衆院選とのダブル選挙も取りざたされているため、「30年ぶりのダブル選もにらみながら、万全を尽くす」構えだ。

投票啓発する市選管職員

「選挙権年齢が18歳以上に引き下げ」をPRし、投票啓発する市選管職員たち=明海大(昨年10月)

明海大に期日前投票所を特設

 市選管は6月19日の改正公選法施行に伴い、明海大学スチューデントホールに期日前投票所を特設する。期間は参院選投票日前々日の金曜、午前11時半〜午後5時。
 選挙権年齢が18歳以上に引き下げられるため、若者の政治や選挙への関心を高め、投票参加を促すのが狙い。
 また、市役所1階市民ホール、中央公民館1階ロビー、市民プラザ市民ギャラリーの3カ所(公示日翌日〜投票日前日、午前8時半〜午後8時)にも期日前投票所を設ける。

4高校で “出前授業”、大学祭でPR

 市選管は昨年11月の県立浦安南高での3年生を皮切りに、12月に東海大浦安高で2〜3年生▽今年1月に県立浦安高で3年生▽2月に東京学館浦安高で2年生を対象に “出前授業” を実施。高校生に選挙のイロハから意義などについて説明し、参院選での投票を呼びかけてきた。
 明海大学浦安キャンパスでは昨年秋、大学祭でPRや啓発活動を実施した。同大の学生(4月1日現在)は約3500人で、うち浦安市在住は490人。
 了徳寺大学、順天堂大学にも協力を求めていく。
 一方、同市内の18〜19歳人口は約3800人(4月現在)。

投票所31カ所 掲示場226カ所

 参院選の投票所は市内の小中校、公民館など31カ所、立候補者ポスター掲示場は226カ所。従前と同じだが、衆院選とのダブル選になると、投票箱が足りなくなるほか、投開票所の人員の確保など、難問が山積している。
 市選管の前田明俊主幹は「投票箱はダブル選になると1投票所4箱分(124箱)しかないので、衆院選で小選挙区と比例・最高裁判事国民審査を箱の内部を2つに区切って使うなどの工夫が必要になるかもしれない」と話す。

関連記事

  1. 営業時間内、駐車場無料 スターツSC 27日オープン 営業時間内、駐車場無料 スターツSC 27日オープン
  2. 県議選は3人立候補  12日に投開票 県議選は3人立候補 12日に投開票
  3. 9月議会 補正予算など16議案可決 9月議会 補正予算など16議案可決
  4. 境川よみがえる 沈没船の撤去終了 境川よみがえる 沈没船の撤去終了
  5. 樺太の日露国境線画定測量 浦安から宇田川徳太郎参加 樺太の日露国境線画定測量 浦安から宇田川徳太郎参加
  6. 伝統芸能「お洒落」守ろう 伝統芸能「お洒落」守ろう 保存会などが会員募集
  7. 市野球場で初めて 高校野球秋季大会予選 市野球場で初めて 高校野球秋季大会予選
  8. 事件・事故から子供守る輪が広がる 通学時間帯を中心に活動 事件・事故から子供守る輪が広がる 通学時間帯を中心に活動

新着記事

  1. 明海大学生たちのワイン造り ブドウ育成やラベル考案など、一連を学生が担当
  2. 統一地方選 市政を担う21人が決定 〜女性が8人、新人が6人〜
  3. 県議選開票結果
  4. 水を浄化する自然のシステム "干潟"
  5. うらじょグルメ(2) こだわりの本格ステーキ ステーキハウス リブ
 
PAGE TOP