オープン やすらぎカフェ S-FRONT 新浦安駅前 障害者の活躍の場

オープン やすらぎカフェ S-FRONT

新浦安駅前 障害者の活躍の場

 浦安を訪れた人に市内の見どころを紹介する浦安観光コンベンション協会運営の新しい施設「安らぎCAFE S-FRONT(エス-フロント)」がJR新浦安駅前の複合施設「マーレ」1階に完成、11月23日柳内光子協会会長、松崎秀樹市長らがテープカットでオープンを祝った。

 市内観光の情報発信だけでなく、浦安市と災害時の相互応援を約束している自治体なども紹介。新浦安の「S」と、駅前を意味する「FRONT」を組み合わせたネーミングで、約240平方メートルの施設内はコンビ二部分と軽食コーナーに分かれ、障害者の就労支援を行う3団体が交替で手作りの菓子などを販売するコーナーもある。
 オープン初日は、交流が続く香取市と茨城県下妻市の農産品などが販売され人気を集めた。
営業は午前7時~午後9時、年中無休。

新浦安駅前 S-FRONT

明るさが自慢の店内
 

S-FRONT テープカット

華やかなテープカットでオープンした「安らぎCAFE S-FRONT」


関連記事

 

アーカイブ

ページ上部へ戻る