行政

高洲に高齢者の“より所” 包括支援センターがオープン

 高齢者の人口増に伴い、その “より所” になる高洲地域包括支援センター(愛称ともづな、でんわ382・2424)が市特別養護老人ホーム(高洲9の3の1)内に併設され4月1日、オープンした=写真。浦安市内では3番目。来年度には富岡に4番目が開設され、4か所制になる。

高洲地域包括支援セン ター

 ともづなは社会福祉士、主任ケアマネジャー、保健師などの専門家がスタッフで配置され、高齢者の様々な相談にのるほか、介護、福祉、保健、医療など幅広い分野で支援を行っている。認知症の人やその家族への支援も実施、相談は無料。

 市内では「ともづな猫実」(市健康センター内)と「ともづな新浦安」(新浦安駅前プラザマーレ内)の2か所がある。高齢者の人口増に対応するため、ともづな新浦安を分割、ともづな高洲をスタートさせた。

 市介護保険事業計画などによると、市の将来人口推計では、平成27年以降も人口は微増傾向が続く。65歳以上の高齢化率も 27年の15.5%が29年には16.3%、37年には18.3%になり、後期高齢化(75歳以上)率も27年の5.7%から10.2%と2倍近くになると予測される。
 ともづな圏域別の高齢者人口をみると、猫実担当地域(元町)が26年4月1日現在で8292人に対し、新浦安同(中町、新町)は1万5670人。このため新浦安から新町地域をカバーする高洲を開設、明海、日の出に加え3地域を担当する。
 新浦安地域には高齢化率が28.4%~24.9%と高い舞浜、弁天、富岡、美浜、入船が含まれているため、29年度には富岡交番わきに「ともづな富岡」を開設する。

来年度は富岡に

 高齢化社会への対応は市の重要施策。26年にともづなが対応した相談などの件数は猫実が4578件、新浦安が4215件だが、今後も増加が予想される。
 市では「高齢になっても住み慣れた地域で、自分らしく生き生きと安心して住み続けられるまち」を目指しており、ともづなはその役割を担う拠点でもある。

関連記事

  1. 「歩車分離方式」って!? 3か所の交差点に看板 「歩車分離方式」って!? 3か所の交差点に看板
  2. 介護・認知症予防フェア 介護・認知症予防フェア
  3. 「生きることと幸せ」 明海大で人口学会シンポ 「生きることと幸せ」 明海大で人口学会シンポ
  4. 新年市長インタビュー 新年市長インタビュー 「復旧・復興が最優先。“持続可能なまちづく…
  5. 無料の公衆無線LAN整備 新浦安など 3駅周辺に 無料の公衆無線LAN整備 新浦安など 3駅周辺に
  6. Dr.竜の「診察ノート」 Dr.竜の「診察ノー卜」第21話: 健康長寿を目指し 尿酸値を…
  7. TDLが大リニ ューアル TDLが大リニ ューアル
  8. 東京五輪・パラリンピック 市が8選手に育成補助 東京五輪・パラリンピック 市が8選手に育成補助

新着記事

  1. 浦安小さな旅(1) 「原風景を巡る」
  2. うらやすの人(54) 豊洲市場の仲卸会社「山治」社長 山﨑康弘さん(50)
  3. 浦安の小中学校と幼稚園は登校・登園に
  4. 営業を再開「イクスピアリ」6月1日より
  5. うらじょグルメ特別版 焼きたてステーキを自宅で堪能 ステーキハウス リブ
 
PAGE TOP