「投票は政治を動かす第一歩」 選挙啓発 県最優秀賞 浦安高3年 下門さん受賞

 県選管などが募集した平成27年度明るい選挙啓発標語の高校の部で、最優秀賞に選ばれた県立浦安高校3年生、下門(しもじょう)雄太さんが2月22日、松崎秀樹市長に受賞を報告した=写真左。

下門雄太さん

松崎秀樹市長に受賞を報告した下門雄太さん(写真左)

 高校の部には応募総数2409点。同校からは40人が応募したが、このうち下門さんの作品「投票は政治を動かす第一歩」がみごと最優秀賞を射止めた。

 下門さんは「テレビなどで、今夏の参院選から18歳に選挙権年齢が下がることが報じられているので意識しています。投票可能ですが、まだ実感はわきません。今回の賞には、まさか受賞するとは思ってもいなかったので、正直びっくりしています」と話していた。

小林由美子さん

小林由美子さん

 また、国民参政125周年・普通選挙90周年・婦人参政70周年の選挙関係功労者で表彰された浦安市明るい選挙推進協議会長の小林由美子さん(写真)も受賞を報告した。
 小林さんは「私一人の力で受賞できたものではなく、周りの方の尽力によるもの。ありがとうございました」と述べた。


関連記事

 

アーカイブ

ページ上部へ戻る