浦安点描: うらっこ広場にシンボルツリー移植

うらっこ広場シンボルツリー

根づくまでやさしく見守って

 浦安市が千葉県内初の試みとして昨年秋、高洲2丁目に整備した常設型施設「こどもの広場(愛称うらっこ広場)」に12月下旬、シンボルツリーのヤマボウシが「市民の森」がある群馬県高崎市倉渕町から移植された。
 ツリーを提供した烏川流域森林組合の市川平治組合長(前倉渕村長)は「しっかり根付くまで1年位 やさしく見守ってほしい」と子供たちに呼びかけている。=(関連記事


関連記事

 

アーカイブ

ページ上部へ戻る