小学低学年のチアダンスチーム 米シカゴ大会(3月)に出場権

 市内の小学校低学年(1~3年)のチアダンスチーム「レインボー・スマイリー・ブルー・オーシャン」が3月の米国大会出場権を獲得。12月9日、松崎秀樹市長を訪れ、報告した=写真。松崎氏は「大会に向けて “継続は力”。かぜをひかないよう気をつけて思う存分がんばって」と激励した。

チアダンス チーム「レインボー・ス マイリー・ブルー・オー シャン」

 訪れたのは村田綾子コーチに引率されたリーダー・橋本芽衣さん(8)ら18人。母親手づくりの緑が基調のコスチュームにカラフルな “ポンポン” を振って、「大会までに練習に励み、本番では力いっぱいがんばりたい」と決意表明した。
 レインボー・スマイリーは結成8年、4歳~高校1年までの51人で構成。このうち、橋本さんらは初出場にもかかわらず、10月31日~11月1日に舞浜で開かれた「JAMfest JAPAN2015 vol.9」のエキシビション部門で2分間、フレッシュな演技を披露。特別賞に輝き、シカゴでの「GLCC」出場権を獲得した。
 村田コーチは「笑顔のチアダンスを心がけている」と話している。


関連記事

 

アーカイブ

ページ上部へ戻る