スポーツ

ブリオベッカ浦安 悲願のJFL昇格

全国リーグ決勝で準優勝

ブリオベッカ浦安 エンブレム

 悲願成就―。サッカーの関東地域リーグ1部に所属するブリオベッカ浦安(谷口和司代表)が日本サッカーリーグ(JFL)に2016年昇格することが確定した。11月開催された第39回全国地域リーグ決勝大会の決勝ラウンドで準優勝したためで、JFL入りは浦安SC時代からの大目標。チーム一丸となった団結と努力、市民の後押しが見事に花を咲かせた。

 全国地域リーグ決勝大会は、11月6日から全国9地域の優勝チームと全国社会人選手権(全社)の上位3チームが第1ラウンドのリーグ戦を行い、さらに上位4チームが21日から3日間連続して戦う決勝ラウンドへ進んだ。

JFL入りを喜ぶブリオベッカ浦安

悲願だったJFL入りをみんなで喜ぶブリオベッカ浦安=11月23日、高知市・春野運動公園陸上競技場(ブリオベッカ浦安HPから)

 3戦全勝で第1ラウンドを通過したブリオペッカ浦安は、高知市内で開催された決勝ラウンドで初戦、北信越代表のサウルコス福井に2―0、第2戦も東海代表のFC刈谷(愛知)に4―1と連勝。最終戦を残して2位以内が確定し、早々とJFL昇格の権利を手にした。第3戦は残念ながら全社代表のラインメール青森FCに0―1で敗れた。
 決勝ラウンドには、前年のこの大会で負傷、手術を余儀なくされた主将・清水、大けがで戦線離脱して復帰したMF上松、秋葉が1年ぶりに復活し、再び原動力となった。関東リーグの得点王、竹中もチーム6得点のうち、4得点と活躍した。

ブリオベッカ浦安JFL昇格までの歩み

 JFL昇格は12月9日の理事会で正式に決定。3日夜には、舞浜のイクスピアリ4階ロディズ・ハウスで開かれたチームの納会冒頭で報告され、選手、スタッフ、サポーターが改めて喜びを分かち合った。

 チーム力を支えた陰には、バックアップしたサポーターの力も大きかった。
 決勝戦。事務局が監督らスタッフと選手総勢25人の航空機代、宿泊費、食事代を計算すると、第1ラウンドだけで190万円が必要なことが分かった。決勝ラウンドへ進むとその2倍。アマチュアチームにとって最も頭を痛めるのが予算だ。
 そこで協力に名乗りを上げたのが千葉のFMラジオ局bayfm。「クラウドファンディング」という手法を番組で紹介、支援を呼びかけた。
 これは起業家などが広く支援金を募る欧米のやり方。インターネット上で資金を募る。リスナーやサポーターが趣旨に賛同して支援すると、額に応じてチームからお返しがもらえる仕組み。ブリオベッカは選手の手紙、写真、サイン入りタオルやマフラー、前年のユニフォームなどを提供した。
 支援金は一口3000円から5万円。50万円を目標に呼びかけたところ、1か月で2倍を上回る約117万円が集まった。
 「これら支援金は選手の食事代に使わせていただきました。そのおかげで悲願がかなったといっても過言ではありません」と事務局は喜んだ。

莫大な運営費、ホーム問題など、課題は山積

 ただ、喜んでばかりはいられない。JFL昇格によって、見直しを迫られる問題は多い。クラブの組織や運営、選手の待遇、ホームスタジアムの問題は避けて通れない。
 JFL所属チームは全国16チーム。リーグ戦は青森から宮崎まで全国にまたがる。遠征費一つをとっても莫大な費用が必要だ。何度もクラウドファンディングには頼れない。
 JFLの場合、強いチームを維持するには年間数千万円の費用がかかるといわれる。チームの中には運営費用を捻出できず、辞退するチームがあるのが現状だ。
 スタジアムの問題も大きい。浦安市の運動公園陸上競技場は、JFLの規定で「フィールドは天然芝」と指定されているため、今後は使えない。
 JFLの試合は年間30試合。うち半分はホームの主催。事務局では当面、柏市にある柏の葉公園総合競技場など県営施設をホームグラウンドとして使い、乗り切ることにしているが、移動が伴い、せっかくのホームのメリットが活かせない。
 待望の夢、悲願は叶ったとはいうものの、チームにとってもサポーターにとっても、再び苦難の時代を迎えそうだ。

関連記事

  1. うらやすの人(18): 「Uスタイル」の仕掛け人、増山徳子さん うらやすの人(18): 「Uスタイル」の仕掛け人、増山徳子さん
  2. ブリオベッカ浦安 ブリオベッカ浦安 小学1~4 年生対象 サッカースクール開校
  3. 三枚堂達也五段が表敬 三枚堂達也五段が表敬
  4. NTTコムのホームグラウンド近く完成 W杯キャンプ地に急浮上 NTTコムのホームグラウンド近く完成 W杯キャンプ地に急浮上
  5. 「うらやす情報」の軌跡(下) 「うらやす情報」の軌跡(下)
  6. 浦安シティマラソン 市民限定、13日締切 27日から一般受付け 浦安シティマラソン 市民限定、13日締切 27日から一般受付け
  7. 弁護士 京介 「家庭の法学」 弁護士 京介 「家庭の法学」(30) 離婚届不受理申出書
  8. リオ・パラに カイロプラクター伊佐さん 参加選手をケア リオ・パラに カイロプラクター伊佐さん 参加選手をケア

新着記事

  1. 編集後記
  2. 浦安の輝くイルミネーション 各施設でクリスマスイベント満載
  3. クリスマスコンサートで美声披露目指し ボイストレーニングスタート
  4. 日蓮宗正福寺でお会式 多彩な企画は東日本大震災がきっかけに
  5. 「トイ・ストーリー」テーマホテル 2021年にTDRに完成
 
PAGE TOP