世界一行きたい 科学広場 in 浦安

高い夢を持った人材を育てる

世界一行きたい科学広場in浦安

 高い夢を持った人材を育てる地域づくりの輪を広げよう― 。 4回目の「世界一行きたい科学広場in浦安」が11月28日、東野の東海大浦安高校で開かれた。 メーン会場の体育館には41のブースが設けられ、 多くの家族連れなどでにぎわった。

 人気を集めたのは「化石を発掘しよう」や「文字が浮き出る石」「分光板万華鏡作り」などの体験型ブース。
 化石では栃木・塩原から持ってきた石を、 子供たちがゴーグルで目を保護しながらカナヅチでたたいて “化石” 発見に挑戦 = 写真。 木の葉の化石を見つけて歓声をあげる子供たちの姿が目立った。


関連記事

 

アーカイブ

ページ上部へ戻る