市と順天堂 医療などで相互協力協定

 浦安市と学校法人順天堂が11月17日、医療、教育、文化、学術、スポーツなどの分野で、相互協力する協定書を取り交わした。市役所で松崎秀樹市長、小川秀興順天堂理事長が調印した=写真。

市と順天堂 相互協力協定

 同市と順天堂浦安病院、順天堂大医療看護学部は協力してこども大学、不妊治療研究などの事業を進めてきた。協定書ではこれらの事業を進めるため、相互協力すると明記してある。
 相互協力事項では、医療、健康、福祉、スポーツ、育児はもとより、教育や人材育成、生涯学習、まちづくり、国際交流、施設利用など幅を広げている。さらに両機関が認めればどのような事項でも相互協力できるようになった。


関連記事

 

アーカイブ

ページ上部へ戻る