行政

子宮頸がんワクチン 副作用被害者を独自支援

県内初 子宮頸がんワクチン 副作用被害者を10月から独自支援

県内初 子宮頸がんワクチン
副作用被害者を10月から独自支援

 浦安市は10月29日、子宮頸がん予防ワクチン接種者の健康被害(副作用)で、県内で初めて市独自の医療支援制度を創設したことを明らかにした。

 子宮頸がん予防ワクチン接種者の副作用は、ワクチン接種との因果関係は現在認められていない。しかし、市民から健康被害の申し出があり、医療費の負担軽減を図るため支援制度創設に踏み切り、申請を受付ている。
 対象者は次のすべてに該当する人。(1)市が実施した子宮頸がん予防ワクチン接種者 (2)接種後、原因不明の持続的痛みやしびれ、脱力、意思と関係なく体が動く「不随意運動」などの症状があり、日常生活に支障がある (3)市長が認める医療機関で副作用と診断され、治療を受けている。
 支援内容はワクチン接種後、26年度に通院等をした場合、通院日数が3日未満3万3200円、3日以上3万5200円。入院日数が8日未満3万3200円、8日以上3万5200円。同一月に通院及び入院3万5200円。
 給付対象期間は29年3月31日まで。

 自治体独自の給付は、横浜市、神奈川県、茨城・牛久市、埼玉・富士見市などで実施されている。
 (問)市健康増進課(でんわ 047・351・1111)

関連記事

  1. 伝統の ”べか舟” 完成 郷土博物館で進水式 伝統の ”べか舟” 完成 郷土博物館で進水式
  2. 浦安市が「広報の号外」を発行 新型コロナウイルスの流行で 浦安市が「広報の号外」を発行 新型コロナウイルスの流行で
  3. 6月議会、手話条例など 13議案提案 6月議会、手話条例など 13議案提案
  4. 境川の沈没船、市が撤去 長い間の懸案が解決へ 境川の沈没船、市が撤去 長い間の懸案が解決へ
  5. 市学生防犯委員会 表彰 V5 安全・安心まちづくりで
  6. 入船小・中タブレット公開授業 入船小・中 タブレット公開授業
  7. 震災復旧・復興事業含めた 浦安市史編さんヘ 震災復旧・復興事業含めた 浦安市史編さんヘ
  8. 浦安市新庁舎 予定地からPCB 浦安市新庁舎 予定地からPCB

新着記事

  1. 感染拡大防止を市民に呼びかけ 大切な家族・友人を守るため、責任感持った行動を
  2. 新型コロナウイルスの対策を発表 内田市長が会見
  3. Dr.竜の診察ノート
  4. 「リゾートライナー」の運行開始が延期
  5. 医療関係者への感謝と応援の気持ちをこめて シンデレラ城などがブルーライトアップ
 
PAGE TOP