行政

千葉大とは国立初の「包括」 地域医療充実で協力

 10月23日、松崎市長と国立大学法人千葉大学の徳久剛史学長が包括的連携協定に調印した。市が大学と同連携協定を結んだのは平成12年度の明海大学、24年度の明治大学、26年度の千葉工業大学に続き4大学目。

包括的連携協定に調印

包括的連携協定に調印した松崎市長と徳久千葉大学長(右)

 市と千葉大学は、市民自らが地域に貢献する協働の担い手の育成など多様な分野で連携してきた。平成21年度に開校した「うらやす市民大学」では開校以来、学長を千葉大の古在豊樹・宮崎清両名誉教授に依頼するとともに、各種講座の講師などに同大の教員が派遣されている。
 こうした連携を踏まえて両者は、浦安市内の高齢化の進展など地域課題の多様化を見据えて、県内唯一の国立大学法人で、医学部や附属病院を持つ総合大の資源を医療などの分野で生かすため包括的連携協定を結んだ。
 今後は、連携窓口を設けて (1)教育研究、生涯学習、文化・スポーツ振興 (2)人材育成 (3)国際的医療・地域医療の充実—などで協力事業を進める。

 調印後、松崎氏は「液状化対策や市民大学、立志塾などさまざまな面で千葉大にはお世話になっている。少子高齢化の中で医療をはじめすべてで協力を得たい」と述べた。
 これに対し徳久氏は「浦安市はアクティブに発展している。協定を機に医療をはじめいろんなことでお役に立ちたい」と応じた。

関連記事

  1. 地震災害時の危険性80%、防災まちづくり必要性95% 地震災害時の危険性80%、防災まちづくり必要性95%
  2. 順天堂大浦安病院3号館オープン 順天堂大浦安病院3号館オープン
  3. 時間旅行展で不思議体験 時間旅行展で不思議体験 4/29~5/5 市民プラザで開催
  4. 6月議会肉付け補正 予算案など可決 6月議会肉付け補正 予算案など可決
  5. 浦安市墓地公園 複合霊堂が完成 8月1日より使用 浦安市墓地公園 複合霊堂が完成 8月1日より使用
  6. 「旧醍醐家茶室」復元へ 〝浦安市迎賓館〟に 「旧醍醐家茶室」復元へ 〝浦安市迎賓館〟に
  7. Dr.竜の「診察ノート」 Dr.竜の「診察ノー卜」第26話: ピルの低用量使用は子宮体が…
  8. 「防災ラジオ」を有償配布 「防災ラジオ」を有償配布

新着記事

  1. 編集後記
  2. 大塚・浦安高校野球部監督が定年に
  3. 東京五輪・パラリンピック フランスカヌー・カヤック協会とキャンプ実施に関する覚書を締結
  4. 順天堂かゆみ研究センター開設 アジア初 患者のQOL向上目指す
  5. 東京ディズニーリゾート・オフィシャルホテル 「サンルートプラザ東京」が、10月から「東京ベイ舞浜ホテル ファーストリゾート」に
 
PAGE TOP