浦安市議会・西川よしずみ議員の議会報告 備えあれば憂いなし

備えあれば憂いなし

西川よしずみ議員

西川よしずみ議員

西川よしずみ議員

 茨城・栃木・宮城に大きな被害を出した9月の関東・東北豪雨。茨城県常総市では、鬼怒川が決壊し、広い範囲でまちが水没するなど、多くの地域で被害が発生しました。
 東日本大震災時、千葉県には津波被害を受けた旭市、液状化の被害を受けた本市などに、県外から多くのボランティアにお越し頂きました。
 今回、青年会議所千葉ブロック協議会の呼び掛けで、災害ボランティアの募集がありましたので、9月22日、メンバーとともに恩返しの気持ちで行ってきました。

想像を絶する光景

 決壊した堤防の近くは、目を覆いたくなるような光景が広がっていました。まざまざと自然の脅威を思い知らされましたが、それでも人々が気丈に振る舞っている姿を見て、人の強さも実感したところです。
 当時、気象庁からは「数十年に一度」の雨量で、「最大級の警戒を」と強い調子で呼びかけが行われていました。それを受けての各自治体の広報の差や、個々人の避難のあり方があらためて課題となりました。
 災害時の対応は人命に関ねることですから、事前の想定と備えは必要です。私は東日本大震災以前より災害時のTwitterの活用を提案。実際に市民レベルでは有効な伝達手段として機能し、あらためて震災後の議会でさらなる活用を提案しました。
 また防災無線が地域によって聞き取りづらいといったことから、新たな伝達手段として防災ラジオを提案、平成26年度から1台1000円で有償配布が行われています。

なによりも「自助」

 市ではあらためて地域防災計画の見直しを行うなど、震災以降、復旧・復興とあわせて様々な取り組みを行っていますが、想定を超える災害が起こる可能性は十分あります。だからこそなにより重要なのは「自助」です。広報うらやす9月号は「防災特集号」となっています。あらためてご覧頂き、この機会に今一度災害への備えについて、市民の皆様と考えられたらと思います。

————————————
西川よしずみホームページ
http://saikawa.cocolog-nifty.com/
Twitter、Facebook で日々活動をお知らせしています。
(Twitter) https://twitter.com/yoshi_saikawa
(Facebook) https://www.facebook.com/yoshizumi.saikawa


関連記事

 

アーカイブ

ページ上部へ戻る