行政

大雨に緊張 、市内状況確認 台風18号

大雨に緊 張 、市内状況確 認 台風18号

市民に日ごろから備えを

 茨城県常総市などに大きな被害をもたらした9月中旬の台風18号の影響で、浦安市も対応に追われた。被害を心配して対策会議を開いたり、災害応援協定を結んでいる自治体に応援物資を届けたり、市職員を派遣したり…。浦安市はこれを機会に市民に防災に関心を持って欲しい―と呼びかけている。

 浦安市も台風18号には緊張した。大雨・洪水警報が発表され、被害が心配された。9月9日には対策会議を開く。10日には降雨量が激しくなり、防災課全員を呼集。澤畠博・危機管理監が市内の状況を確認した。富岡、弁天、舞浜で道路冠水の被害が出たが、河川氾濫などの大きな被害はなかった。
 今回程度(時間雨量30ミリ)の雨では、市内に大きな被害の心配はないという。しかし、地面の大部分が建物やアスファルトの道路で覆われているため、短時間での大雨の場合は低地での浸水のおそれがある。

 今回の教訓として澤畠氏は「時間雨量が50ミリを超えると内水氾濫の危険性がある。市では気象状況を把握し、状況に応じて避難準備情報、避難勧告・指示を出し、防災無線などで市民に避難を呼びかける」としている。
 市民には「自分だけは安心」との思い込みをなくし、勧告・指示に従ってほしい。市で配布している「水害ハザードマップ」で、いざという時、どういう行動をとるか、「防災マップ」で避難場所の確認など日ごろから災害に備えてほしいという。

関連記事

  1. 「市民を笑顔にする」 サッカーを通して恩返し ブリオベッカ浦安 「市民を笑顔にする」 サッカーを通して恩返し ブリオベッカ浦安
  2. 震災復興祈念のつどい 防災認識新たに 市民多数が参加 おさんぽカメラ: 震災復興祈念のつどい 
  3. 33年1月から 上下水道料金徴収一元化 33年1月から 上下水道料金徴収一元化
  4. 高洲包括支援センターがオープン 高洲に高齢者の“より所” 包括支援センターがオープン
  5. 放課後 "学年の枠" 取払い交流 放課後 “学年の枠” 取払い交流
  6. 松崎氏の挑戦、成就せず 現職の壁厚く、知名度不足 松崎氏の挑戦、成就せず 現職の壁厚く、知名度不足
  7. 浦安市人事 (4月1日) 浦安市人事 (4月1日)
  8. 浦安市少年消防団 全国消防クラブ交流会 4位入賞 浦安市少年消防団 全国消防クラブ交流会 4位入賞

新着記事

  1. 編集後記
  2. 大塚・浦安高校野球部監督が定年に
  3. 東京五輪・パラリンピック フランスカヌー・カヤック協会とキャンプ実施に関する覚書を締結
  4. 順天堂かゆみ研究センター開設 アジア初 患者のQOL向上目指す
  5. 東京ディズニーリゾート・オフィシャルホテル 「サンルートプラザ東京」が、10月から「東京ベイ舞浜ホテル ファーストリゾート」に
 
PAGE TOP