行政

不育症夫婦に助成 男性不妊治療にも

不育症夫婦に助成 男性不妊治療にも

少子化対策、10月から実施

 浦安市は不育症の治療を受けた夫婦、男性不妊治療へ助成金を支給する。ともに少子化対策の一環で実施は10月1日から。
 不育症とは流産などで赤ちゃんが授かりにくいと医療機関から診断されるケースで、この検査、治療を受けた夫婦に年間30万円を上限とする費用を助成する。

 条件は申請時に①夫婦のどちらかが浦安市に住民票がある②婚姻の届出をしている③医療機関から不育症と診断され、受診している④治療開始時、妻が43歳未満である―など。
 予算は300万円を計上。市では申請者は10人程度とみている。
 男性不妊治療への助成は妊娠しない原因が男性にあると診断され、その治療を受け、県の特定不妊治療費用の助成を受けていることが条件。同時に浦安市へ治療費用の助成を申請、認められると、年間15万円を上限に助成金が支給される。
 助成を受けるためには、不育症のケースと同じような条件が付く。予算は300万円で、申請者は20人と見込んでいる。

(問)・市健康増進課(でんわ351・1111)

関連記事

  1. スターツ 今秋 商業施設(SC)でリニューアルオープン スターツ 今秋 商業施設(SC)でリニューアルオープン
  2. 中学2年の7割ケータイ持つ 中学2年の7割ケータイ持つ
  3. ワンルームなど建築禁止 乱開発に歯止め 東野の住宅団地 ワンルームなど建築禁止 乱開発に歯止め 東野の住宅団地
  4. 入船小・中タブレット公開授業 入船小・中 タブレット公開授業
  5. 県議選に市議の岡本氏・宮坂氏出馬 県議選に市議の岡本氏・宮坂氏出馬
  6. 20代女性卵子を 5月に凍結保存 20代女性卵子を 5月に凍結保存
  7. 浦安の漁撈用具を調査収集 浦安の漁撈用具を調査収集 東邦大学理学部OB
  8. 県議選開票結果 県議選開票結果

新着記事

  1. 編集後記
  2. 後継者難の打開、起業家を増やすため 創業支援セミナーを実施
  3. 稲荷神社 社務所と御輿庫を建て替え
  4. 浦安市は松戸市と 「家庭系一般廃棄物の処理に関する協定」を締結
  5. 夏到来―東京ディズニーリゾート スペシャルイベント
 
PAGE TOP