入船小が校歌・校章を募集

北と南が統合し4月に開校

入船小が校歌・校章を募集

 入船北小と入船南小が統合し、4月に開校した入船小(鞠山誠人校長、児童482人)が、校歌と校章を一般から募集している。応募の中から最優秀作品を選び、校歌・校章を制定する。

 市内初の学校統合で開校した入船小は、旧入船南小の校舎を使用。渡り廊下で入船中とつながっている。「ホタルの里」のある学校としても知られ、義務教育の9年間、小中連携の一貫教育が期待されている。
 募集する校歌は3番まで。歌詞に、「夢・希望・未来」の言葉を入れ、特色ある教育内容を織り込むのが条件。学校の大きな教育目標は、「なかよく かしこく たくましく “夢と希望を持ち、未来に羽ばたく入船っ子” 」。
 校章は、校歌のコンセプト(概念)を踏まえたもの。10センチ四方の正方形に、カラーでデザインし、余白にデザインの意図を記入する。

 いずれの応募もA5サイズの用紙を使用。作品の裏に氏名、連絡先を明記する。
 10月5日までに直接持ち込むか、必着で郵送。送り先は〒272―0012浦安市入船3の66の1、入船小学校。
 詳細は市のホームページ参照。


関連記事

 

アーカイブ

ページ上部へ戻る