工作を体験し、ゲームに挑戦 「みんなであそぼう」

1200人が笑顔で参加

 子供たちが工作を体験し、ゲームに挑戦する「みんなであそぽう」が8月20日、市総合体育館で開かれ、約1200人が夏休み後半の一日を楽しんだ。

みんなであそぼう

1200人が楽しんだ「みんなであそぼう」

 床いっぱいの紙に、お母さんにダメと言われる心配なしで絵を描き放題。コンピューターと画像読み取り装置を使った “バーチャル水槽” が登場。描いたばかりの赤や青のカラフルな魚が絵から飛び出し、スクリーンの中を泳ぎ回った。
 体育館とオリエンタルランドが行った遊びのプレゼントで、今年で10回目。迷路やクラフトエ作など7つのコーナーは、子供たちに笑顔とチャレンジ精神を届けようと関係者がアイデアを出し合い、手作りされたという。


関連記事

 

アーカイブ

ページ上部へ戻る