6年連続16回目優勝 市消防団 支部ポンプ操法で

6年連続16回目

 浦安市消防団が6月27日、船橋市で開かれた第34回県消防協会東葛飾支部消防操法大会ポンプ車操法の部で、6年連続16回目の優勝を果たした=写真。同市消防団は7月25日の第51回県消防操法大会出場権を獲得した。

ポンプ操法で優勝 浦安市消防団

 大会は、東葛飾支部9市の消防団が火災現場で使用するポンプ車で、水槽の水をくみ上げると同時にホースを伸ばして放水するまでのタイムや操作要領、行動、動作など、消防活動の基本となる規律と実践的な消防技術、チームワークを競った。

 また、個人賞として指揮者の戸頃健太、1番員の枝川淳一、3番員の小菅祥平、4番員の平野翔太の各選手が最優秀賞を獲得した。


関連記事

 

アーカイブ

ページ上部へ戻る