「全社」選手権出場へ 10月 ブリオベッカ浦安

10月「全社」選手権出場へ

ブリオベッカ浦安 エンブレム

 関東サッカーリーグ1部前期を2位で折り返したブリオベッカ浦安が、秋に岩手県で開催される全国社会人サッカー選手権大会(全社)の出場切符を手にした。

 全社は、地域リーグ、天皇杯と並ぶサッカーの全国大会の一つ。関東予選は、関東リーグ所属の20チームと都県代表12チームが6ブロックに分かれて、トーナメント方式で争った。
 毎年、リーグ戦の前後節の間を利用して開催され、今年は6月7〜14日に、市原市・姉崎サッカー場で行われた。
 ブリオベッカは予選、越谷FCに7―0と大勝。出場決定戦でも横浜猛蹴を2―1で破り、関東6枠の一角に入って、全国大会出場を決めた。
 全国大会は10月、同様に地域予選を勝ち抜いた全国32チームによって争われる。

 この大会は、サッカーのアマチュアチームの最高峰、JFL(日本フットボールリーグ)入りにつながる大会。ブリオベッカも年間の大きな目標の一つに、全社出場を挙げていた。


関連記事

 

アーカイブ

ページ上部へ戻る