わくわく農業体験! 秋田・大潟村で有機米 「浦安こまち」づくり

7月18~20日
秋田・大潟村で「浦安こまち」づくり

 秋田県大潟村で有機米「浦安こまち」づくりに参加しませんか―。6年前から子供たちを通じて大潟村と交流してきた浦安市は、今夏に2泊3日で同村で実施する “わくわく農業体験in大潟村” の参加者を募集する。体験会場となる「浦安こまち圃場」では5月12日、松崎秀樹市長らが出席して田植えが行われた。この圃場で収穫される安心・安全な有機米浦安こまち(1袋2㎏入り)は9月下旬以降、浦安観光コンベンション協会などで購入できる。

「浦安こまち圃場」チラシ

「浦安こまち圃場」での農業体験を呼びかけるチラシ

 農地のない浦安市と、国内2位の大きさの八郎潟を干拓、大規模農業を進める大潟村は、人口密度から町並みまですべてが “真逆” 。大潟村は有機質たっぷりの肥沃な土壌で、3年以上農薬と化学肥料を使わない農地で作るJAS(日本農林規格)認定の有機米「あきたこまち」の産地。
 その大潟村の高橋浩人村長から浦安市民のために、1町歩(約1ヘクタール)の浦安こまち圃場が提供された。浦安市は都市と農村の交流をさらに進め、普及にはずみをつけようと7月18日~20日の2泊3日で農業体験する浦安市民の親子40人ほどを対象に、男鹿半島+大潟村ツアーを実施する。参加費など詳細は広報うらやす参照。
 5月16~17日には、新浦安駅前や総合公園で「あきたこまち」2合を市民千人にプレゼントしてアンケートを回収。市民の反応を探っている。今秋には第1号の有機米「浦安こまち2㎏」が1254円(税込)で希望者に手に入ることになる。
(問)浦安観光コンベンション協会 (でんわ350・7555) 
   浦安市商工観光課(でんわ351・1111)。


関連記事

 

アーカイブ

ページ上部へ戻る