県議選は3人立候補 12日に投開票

2陣の市議選、35人前後出馬か

 4年に一度の統一地方選第1陣の県議選浦安市選挙区(定数2)が4月12日投開票(告示同3日)、第2陣の市議選が同26日投開票(告示同19日)で実施される。
 県議選浦安市選挙区には、届け出順に、
 矢崎堅太郎氏(47)=民現(2)
 井原めぐみ氏(66)=共新
 内田悦嗣氏(50)=自現(2)
が立候補している。有権者数は12万7558人(4月2日現在)。

立候補者ポスター

市内226ヵ所の掲示板に立候補者のポスターが掲示されている

 一方、市選管によると、市民に最も身近な市議選(定数21)には、38人が届け出書類を受け取っており、35人前後が立候補しそう。
 前回市議選(23年4月17日告示、同24日投開票)は、「3・11」の東日本大震災の影響などで立候補予定者や書類を受け取った人合わせて41人中、実際に立候補したのは31人で、11年以降では最も少なかった。投票率も43.81%(男42.66%、女44.95%)と低調だった。
 開票は4月26日午後9時から文化会館大ホールで行われ、11時半ごろの終了を目指している。


関連記事

 

アーカイブ

ページ上部へ戻る