ホテルシェフが調理実習指導

ホテルシェフが教える家庭科調理実習
美浜南小6年生に

 浦安市立美浜南小学校(江黒友美校長)で2月25、26日、浦安ブライトンホテル東京ベイ(牧野一総支配人)の調理スタッフが指導する「ホテルシェフが教える家庭科調理実習」が開かれ、6年生約50人が県産野菜を使った本格的洋食作りに挑戦した。

ホテル シェフが教える家庭科調 理実習

 メニューは「サケのガレット タルタルソース添え」と「彩り野菜とパスタの具いっぱいの食べるスープ」。どちらも家の台所にある鍋やフライパンで作れるホテルの味という。
 トマト、ニンジン、キャベツなど千葉の畑の恵みが家庭科室に並び、松川眞也総料理長、福岡喜幸料理長の「大切に扱っておいしい食べ物にしよう」とのあいさつで調理がスタート。
 切られた野菜の大きさはバラバラでも、できあがったスープ、焼き上がったガレットはきれいに盛りつけられ、おいしさは最高=写真。

 美浜南小への卒業祝いを兼ねたホテルの食育支援活動。今年で16回目という。


関連記事

 

アーカイブ

ページ上部へ戻る